日本語を学ぶ

「観光」と ”trip” の比較

 日本語「観光」が易経から出た言葉であり、その原義が「国の光を観る」ことであると述べた。(日本語おもしろ話『「観光」の原義と「おもてなし」の心』参照。)
 ある土地の「観 ...

日本語を学ぶ

滝川クリステルさんの「おもてなし」が評判に

 東京五輪招致のスピーチで滝川クリステルさんが演じた「おもてなし」が評判を呼んだ。彼女の真似をして「お・も・て・な・し」とつぶやいた人々も多いであろう。
 世界中を眺めてみて、日本人ほ ...

読者感想(日本語は神)


 感想文の作者、恒吉彩矢子(あやこ)さんは、『ツキの天使がやってくる秘密のレッスン』(徳間書店)の著者です。セラピストとしての経験を踏まえてメルマガ『ツキの天使を引き寄せるステキな言葉』を発行していらっしゃり、そのメルマガでアップ ...

読者感想(日本語は神)


 感想文の作者、盛田克男さんは、書評メルマガ『ドリンク剤よりも元気が出る!スタミナ本』(休刊中)の発行者です。
 森田さんの書評メルマガで『アップダウン構造』を取り上げて戴きました。その文章を以下に掲載します。
  ...

読者感想(日本語は神)


 「学友」下岡清二さんから「序文英訳」をお寄せ戴きました。
 訳者が変われば表現も変わります。自分だったら、どう訳すかなどと考えながら、この訳文を味わってみるのも一興でしょう。本書序文をプリントして、この訳文と照らし合わせ ...

読者感想(日本語は神)


 若い頃に工業英語を共に学び、今も技術翻訳の世界で精励しておられる「学友」下岡清二氏から、本書の感想と共に序文の英訳が送られてきました。読んでみますと、なかなかの労作です。これを私一人で楽しむのは惜しい気がしました。序文英訳も別に ...

日本語を学ぶ

太太(たいたい)は夫人の美称

 若い頃、三十になったばかりだったろうか、台湾の仙道修行者を訪れたことがあった。初めて訪れた国の感想は、なにやら雑然とした街のたたずまいと、少しばかり慣れるのに時間がかかった市の匂いと共に思い出の中に沈み込 ...

日本語を学ぶ

枕草子言霊解釈(現代語訳・英訳)1段の2 夏はよる。月のころはさらなり【枕草子原文】(1段の2)
 夏はよる。月の頃はさらなり。やみもなほ、ほたるの多く飛びちがひたる。また、ただひとつふたつなど、ほのかにうちひかりて行くもをかし。雨 ...

昌原気ゆる日記

 今年に入って、サイトの記事をこまめにアップしている。最近は、一日に二記事、三記事をアップすることもある。久しぶりに文章に熱が入ってきたようだ。

 そういう際に私が心掛けることは、明治大正の文人達の作品を多数読み込むことで ...

日本語を学ぶ

「枕草子言霊解釈(現代語訳・英訳)」1段の1 春はあけぼの【枕草子原文】(1段の1)
 春はあけぼの。やうやうしろくなりゆく山ぎはすこしあかりて、紫だちたる雲の細くたなびきたる。

【原文語釈】 
▼春▽ 立春から ...