「日本語を学ぶ」の必読記事 ⇒ 日本語の精髄アップダウン構造 アップダウン構造を理解すると、日本語の言霊の不思議がすっきりと理解できます。日本語のアップダウン構造を根底において、日本語の諸相を解説します。 「日本語を学ぶ」カテゴリー記事タイトル一覧

日本語を学ぶ, 神道を学ぶ

今年の漢字(2017年)は「北」

 毎年12月に清水寺で、全国からの投票結果で選ばれた今年の漢字が発表されます。今年(2017年)の漢字は「北」でした。
 この一年を、北朝鮮のミサイルに翻弄された一年であったと総括されては、平成 ...

日本語を学ぶ

今日11月3日は文化の日。
日本には日本の文化があり、アメリカにはアメリカの文化がある。
では、文化とは何か、お考えになったことがありますか?
日本文化と日本語の関係について、お考えになったことがありますか? ...

日本語を学ぶ

「モノの話」として、(1)日本語「モノ」は物質ではないということから、(2)大物主クシミカタマの大神、(3)日本神道を護持した物部氏の話、(4)明治天皇の御製に見られる「いきとしいけるもののおもひ」を見てきました。
モノの話の ...

日本語を学ぶ

いきとしいける物のおもひは(明治天皇御製)

明治天皇は、和歌に優れたお方であり、その御製集は私の愛読書のひとつであります。(天皇のお詠みになった和歌を「御製(ぎょせい)」と申し上げます。)


日本語を学ぶ

物部氏と私

では、日本語モノの話第3回をお届けします。

およそ1400年程前に、日本国に仏教がもたらされようとした時、日本古来の神道を護持しようとしたのが物部守屋(もりや)率いる物部氏でした。

物部氏は結局、仏教 ...

日本語を学ぶ

モノにたましいを籠める

日本語「モノ」は物質ではないという話を続けます。

前回、大物主(おほものぬし)クシミカタマの神について述べました。今回は、この神についてもう少し詳しくモノ語ります。

大和の国(奈

日本語を学ぶ

「モノ」の意味が「物質」の中に限定された

「モノ」というやまと言葉があります。
幕末明治にかけて、英語を初め西洋の言語・文物が日本に大挙して流入するに及び、「物質」という翻訳語が作られ、「モノ」の意味が「物質」の中に閉じ込められ ...

日本語を学ぶ


たとえば中国で生まれて中国語の環境下でしばらく過ごした後、フランスの家庭へ養子に引き取られ、フランス語だけで成長したとする。その子は中国語は全く忘れてしまっているようにみえる。 ...

日本語を学ぶ

「恋に落ちる」という。英語では、fall in love という。
英語も日本語も、「落ちる」(fall) ことに変わりはない。

英語や日本語とは違って、恋に「上がる」、「昇る」という表現をする言語がある

日本語を学ぶ

 羽生結弦君をこの文章で褒め讃えたいのは、その容貌スタイルではない。彼の心持ちである、日本人としての意識である。

羽生結弦の100点超えと金メダル

 ソチ・オリンピックで2月13日、日本の羽生結弦君(19才)が、フィギュアス ...