神道-日本語-日本文化を学ぶトランスペース研究所

神道・日本文化は日本語アップダウン構造の産物

筆録(33) 合気道・入身(いりみ)投げの功徳

入身(いりみ)投げとは 合気道に入身(いりみ)投げという技がある。 先師・小林裕和師範は、入身投げの名手であった。 その堂々たる体躯で、入身を懸けられると、私の身体は、正味、吹っ飛んだ。 入身投げとは、相手が例えば剣で正 […]
神道・日本語・日本文化を学ぶトランスペース研究所

パスワード使い回しで預金残高がゼロに(ロボフォーム)

これは、ロボフォームを使えば回避できたであろう悲劇である。 ある日電話が鳴った。出てみると家賃の引落が出来ていないという。 そんな馬鹿なと思いながらも、インターネットで銀行振り込みの手続きを初めて、愕然とする。預金残高が […]
日本語アップダウン構造の奥に神が隠されている

幼少期の失われた言語、脳は覚えていた

たとえば中国で生まれて中国語の環境下でしばらく過ごした後、フランスの家庭へ養子に引き取られ、フランス語だけで成長したとする。その子は中国語は全く忘れてしまっているようにみえる。 ところが、本人の自覚出来る意識に反して、脳 […]
年賀状 羊年

2015年(未年)年賀状の「未」確認情報

来年(2015年)は未(ひつじ)年。そろそろ年賀状の季節です。 日本郵政の年賀状には、毎年、切手を貼る部分に切手の代わりにその年の干支(えと)のイラストが描かれている。 2015年の年賀状には、もちろん未年の羊さんが描か […]
神道・日本語・日本文化を学ぶトランスペース研究所

衣服に倭文(シズリ)の神気を籠める

以前の記事において、倭文(しずり)の神について、こう述べた。 衣服の神を倭文(しずり)の神と申し上げる。 衣服を、取り分け神修の衣服や武道稽古の道着を新調したり、洗濯したりした際には、倭文(しずり)の神にお願いして神気を […]
神道・日本語・日本文化を学ぶトランスペース研究所

ベルリンの壁崩壊から25年

今年(2014年)11月10日は、「ベルリンの壁」崩壊から25年の記念日である。 25年前のことであるので、今の若い人たちには、何のことやらピンとこないかもしれない。 当時は、西側・民主主義国家と、東側・共産主義国家とが […]
ウォシュレットのビデを使うべからず

仙伝研究法・女性はウォシュレットのビデを使うべからず

 若年の頃、仙道修行をしていた時期があった。  入門して先ず教えられることの一つに、仙伝研究法があった。  研究の「究」は、「穴」と「九」の合字である。そこで、仙道における「研究」とは、「九穴を研(みそ)ぐ」と云う意味で […]
ふんどし(褌)を愛する乙女

ふんどし(褌)を愛する乙女

友の会メンバーに「ゆきちゃん」という二十代前半の若い女性がいて、毎月一度「ゆきちゃん通信」を送ってくれる。最近の「ゆきちゃん通信」で、このゆきちゃん、褌(ふんどし)をしめて寝ているとあった。ほおー、なかなかに勇気のある女 […]