神道・日本語・日本文化を学ぶトランスペース

昌原気ゆる日記

近所で家の建て替えをしている。 古い家の取り壊しから始まって、地均し、基礎工事、棟上げ、と ...

神道・日本語・日本文化を学ぶトランスペース

昌原気ゆる日記

昨日の日記に「血の球の響きが人格を形成している」と述べた。 父母の力(血の球の力) 昌原気 ...

神道・日本語・日本文化を学ぶトランスペース

昌原気ゆる日記

ある家の火継(ほつぎ)祭りをお仕えした。 火継を受けるお嬢さんの実の母親に神主となって戴い ...

神道・日本語・日本文化を学ぶトランスペース

昌原気ゆる日記

血球を作る神をクラオカミと申し上げ、血球を流す神をクラミツハと申し上げます。 この両神を火 ...

神道・日本語・日本文化を学ぶトランスペース

昌原気ゆる日記

甥が理容店を開業するので、開業祭を執り行った。 本来ならば、地鎮祭から上棟祭を経て落成祭と ...

神道・日本語・日本文化を学ぶトランスペース

昌原気ゆる日記

火継ぎする精(せい)は霊魂ではない。 肉体があり霊魂があるということは良く知られているが、 ...

神道・日本語・日本文化を学ぶトランスペース

昌原気ゆる日記

山田家に子供が花子さんしかいないとする。 そこで海原太郎君を婿養子に取るとする。 婿に入っ ...

神道・日本語・日本文化を学ぶトランスペース

昌原気ゆる日記

一家に女の子しかいないという場合に婿養子を取るが、その際には火継ぎ(ほつぎ)祭りをするとよ ...

神道・日本語・日本文化を学ぶトランスペース

昌原気ゆる日記

今日は三月一日。 神まつりする人たちは、毎月一日には、その月を迎える祭りを行います。これを ...

神道・日本語・日本文化を学ぶトランスペース

昌原気ゆる日記

今日は二月最後の日。(2008年2月29日) アットいう間にひと月過ぎました。 ところで、 ...

神道・日本語・日本文化を学ぶトランスペース

昌原気ゆる日記

月には月の神様がいらっしゃる。 地球上に山があり、海があり、山の神様、海の神様がいらっしゃ ...

神道・日本語・日本文化を学ぶトランスペース

昌原気ゆる日記

産土神社には、ご神体を奉安する本殿があり、ご神体を礼拝する拝殿があり、神木が立っている。 ...