二月様ありがとう

2018年4月14日

今日は二月最後の日。(2008年2月29日)

アットいう間にひと月過ぎました。

ところで、子どもにはありがとうが素直に言える子に育って欲しいと親は願うものです。

それでは、毎月、毎月、一月さん、二月さんに、感謝を捧げているでしょうか。

夕食の際にでも、子どもさんとご一緒に、

 「二月さんありがとうございました。いただきます」

とでも唱えてみてはいかがでしょうか。2008

平成二十年という流れを十二に区切って各月がある。

その最初の一区切り、一区切りに感謝するのです。

私たち、神マツリをする者は、月末の夕べには、「みかへりマツリ」をします。

そういう祭式は思いっきり簡略化して、月末の夕食は、「○月さんありがとうございました。いただきます」で始める。

これも立派なマツリですね。その繰り返しが子どもの心を育てます。


[myphp file=’ake_all_A’]


 日本語の奥に神が隠されていました。
 日本語を使う日本人は無意識のうちに神とつながります。
   ↓  ↓  ↓  ↓ 日本語の精髄アップダウン構造