月の神様(月読大神)

月には月の神様がいらっしゃる。

地球上に山があり、海があり、山の神様、海の神様がいらっしゃるように、月にもたくさんの月の神様がいらっしゃる。

その元締めの神を「月読大神(つきよみのおおみかみ)」と申し上げる。

月は霊魂の根源界。

みたまマツリなどをお仕えする際には、月の神様をお呼びしてその恵みを戴きます。

そのお月様に手を合わせて礼拝申し上げることは、絵空事ではないのです。

月の神様がお祭りなさるから、私たちの霊魂が保たれるのです。

日本人が昔から「ノンノ様」と呼んできたお月様。

そのお月様を、子どもの心に結んであげたいものですね。