月と心を通わせて

この間の満月近くの夜のこと、幼い女の子が月に気付いて声を挙げた。

「あ、お月さんだ、お父さん、お月さん、お月さん・・・」

ところが、一緒に歩いていた父親は、返事もしない。

オイオイ、一緒にお月さんの美しさに驚いてあげろよ。

子どもの心にお日様、お月様、お星様を深く住まわせてあげたいものです。

日月星と心を通わせるということは、単なる風流ではなく、うんと深い意味があるんですよ。

月の神は霊魂の根源神。

昔から、日本人はお月様のことを、ノンノ様と申し上げて、親しんできました。

また、月を歌った和歌、俳句、演歌、歌謡曲等は無数にあって数え上げることすらできません。

そういうお月様に対して、子供が新鮮な感受性を働かせているのに、大人が無感覚では、子供の感性もしぼんでしまいます。

せめて毎月の満月には、お月様に団子でもお供えして、お月様と心を通わせましょう。それが子供の心を育てます。