血球を造る神、流す神

血球を作る神をクラオカミと申し上げ、血球を流す神をクラミツハと申し上げます。

この両神を火継祭りにお呼びするのはそういうわけです。

クラオカミは京都貴船神社に水の神として祀られていますが、その真相・深層は、玉造りの根元紳であり、血の球だけではなく、ミタマ(魂)もこの神により造られます。

クラオカミもクラミツハもその本宮を北斗七星においていらっしゃる。

血流ひとつ取ってみても、星と深く関わっているのです。

人間存在がどれほど深く日月星辰とかかわっていることか。

心を大きく深く、日月星辰と結びたいものです。



 日本語の奥に神が隠されていました。
 日本語を使う日本人は無意識のうちに神とつながります。
   ↓  ↓  ↓  ↓ 日本語の精髄アップダウン構造