神道・日本語・日本文化を学ぶトランスペース

日本語を学ぶ,昌原気ゆる日記

ウの言霊は、ものを動かす 合気道開祖・植芝盛平翁は、若い頃大本教の出口王仁三郎師の元で修行 ...

神道・日本語・日本文化を学ぶトランスペース

昌原気ゆる日記

四月卯月(うづき)はウの言霊がウヅキ出す月。 アエイオウの5つの母音にはそれぞれ意味がある ...

神道・日本語・日本文化を学ぶトランスペース

昌原気ゆる日記

神道祭式では、榊に紙垂(しで)を付けて玉串を作り神前に捧げます。 玉串奉奠(ほうてん)と申 ...

神道・日本語・日本文化を学ぶトランスペース

昌原気ゆる日記

葛城一言主神社へ参拝に出かけた。 義妹・由紀子の結婚の祀りをを一言主神社で行いたいと思い、 ...

神道・日本語・日本文化を学ぶトランスペース

昌原気ゆる日記,神道を学ぶ

少名彦那(すくなひこな)大神と大穴牟遅(おほあなむち)大神の神座が、産土の神座には必ず備え ...

神道・日本語・日本文化を学ぶトランスペース

昌原気ゆる日記,神道を学ぶ

昨日の日記で「産土神を呼びなさい」と記しました。 人間死後の行く先を示して下さるのは産土神 ...

神道・日本語・日本文化を学ぶトランスペース

昌原気ゆる日記,神道を学ぶ

彼岸が近づくとあの世のミタマ達がいろいろと立ち騒ぐようになります。 自分の行く先を知らずに ...

神道・日本語・日本文化を学ぶトランスペース

昌原気ゆる日記,神道を学ぶ

昨日(3/17)は、春の彼岸の入りの日。 この日から七日間を彼岸といい、真ん中の日(今年は ...

神道・日本語・日本文化を学ぶトランスペース

昌原気ゆる日記

昨日(3/16)は、家内の妹が結婚を控えての、親族顔合わせの食事会があった。 明治の森の中 ...

神道・日本語・日本文化を学ぶトランスペース

昌原気ゆる日記

月も知ってる おいらの・ ・ ・ 歌謡曲には案外、日本人の心を何気なく表した歌詞が多い。 ...

神道・日本語・日本文化を学ぶトランスペース

昌原気ゆる日記

歌謡曲というのは、バカにできませんね。 普通の日本人の感覚の中に、キラリと光る真実が籠もる ...

神道・日本語・日本文化を学ぶトランスペース

昌原気ゆる日記

人はそれぞれ自分の世界を持っている。 たとえ夫婦といえども、夫には夫の世界があり、妻には妻 ...