卯月はウの言霊がウヅキ出す

四月卯月(うづき)はウの言霊がウヅキ出す月。

アエイオウの5つの母音にはそれぞれ意味があるのですが、ウは、隠れていたものがウカビ上がる力、動かないものをウごかす力をあらわします。

大きな石を動かす時には、ウーッと力を籠めてウの言霊の力を使います。

春の山菜に苦みが含まれているのは、冬の間に運動不足で体の中に蓄えられた不要成分を苦みによってウヅキだすためです。

この時期に街に出ると、何やらおかしな奇声を発する人が見られるのも、ウの力でウヅキ出している人ですね。(呵々)

 → 昌原筆録【6】米の力と言霊の力(国際米年に思う)



 日本語の奥に神が隠されていました。
 日本語を使う日本人は無意識のうちに神とつながります。
   ↓  ↓  ↓  ↓ 日本語の精髄アップダウン構造