火継ぎ(ほつぎ)祭り(3)

火継ぎする精(せい)は霊魂ではない。

肉体があり霊魂があるということは良く知られているが、この精の知識が宗教者といえどもあまりに乏しい。

憑依現象ということがある。

この宇宙には何とも名状しがたい生き物がいて、それが人間にとりつくことがある。

とりついた化け物は人間の何を食らうのか。

体を食らうのでもなく、霊魂を食らうのでもない。

精を食らうのである。

そこから、肉体でもなく、霊魂でもない、精の存在が感覚できるであろう。


人は父親から精を承け、母親から体を承けて、この世に人間として誕生してくる。

この精の流れが、姓の流れである。

養子に入った婿殿は、そのままでは、その一族の精を承けていない。

つまり、精の流れが断絶している。

それを血筋の乱れという。

そこで精を受け継ぐという祭り、すなわち火継ぎ祭りが必要となる。

【参考記事】

* 婿養子には火継ぎ祭りが必要(血筋の乱れを防ぐ)

* 火継ぎ(ほつぎ)祭り(1)

* 火継ぎ(ほつぎ)祭り(2)

* 人間誕生の秘儀(父母産土)