満月の急変力を満月祭で和らげる

満月が地球に及ぼす影響があり、それは地球上に急激な変事をもたらしかねない。

ある人からメールを戴いた。

それによると、「満月になるとアメリカ大陸が16センチも浮上する。事故が多いので警官を増員される。宮城県警なども月のリズムを利用して警戒している」とか。

確かに、満月の力が地球に及ぼされると、地球上に急変が起こることがある。

狼男が満月の夜に変身するというのも、あながち理由のない訳ではない。

その満月の急激な力を和らげて、恵みの力に変え、霊魂を活かす力に変えるるために、満月祭をお仕えする。

今日は旧暦睦月(むつき)の満月祭。

満月の時刻があり、それは地球と月の関係で決まるので、必ずしも夜とは限らない。

今日の満月の時刻は、昼の12時30分。

満月祭は、満月の時刻の少し前から始める。

人知れず満月の祭りを続けている、我が道の友たちの有り難さを思う。

格別、祝詞などご存じない方々は、満月に手を合わせて、「お月様ありがとうございます。地球を活かす光りを放ち続けてくださいませ」と祈るだけでもよい。

日本人は、もっと月との関わりを取り戻すべきだろう。

日本全国で満月祭をお仕えする道友たちの祀り手振りよ弥栄(いやさか)なれと祈りあげたい。