日本人の特殊感覚 刀剣・武道・もの・天皇・日本列島

トランスペースの本と動画

日本人は刀剣に対する特殊感覚を持つが故に刀剣を祀る神社が日本全国にある。武道に対する特殊感覚もまた、武道が神道と一つのながれであるという感覚です。ものの特殊感覚、天皇の特殊感覚を解説し、日本列島の存在意義を説く。

あさが来た「女大関」と相撲と日本文化論

昌原気ゆる日記

NHK朝の連続ドラマ「あさが来た」がおもしろい。
主役のあさ(波瑠)ちゃんが、炭鉱夫を相手に相撲をとろうとして啖呵を切る。

私はこう見えても、京都の女大関といわれたんどす。
【前の記事】朝ドラ/あさが来た/ ...

あけはら筆録

入身(いりみ)投げとは

合気道に入身(いりみ)投げという技がある。
先師・小林裕和師範は、入身投げの名手であった。
その堂々たる体躯で、入身を懸けられると、私の身体は、正味、吹っ飛んだ。

日本語アップダウン構造の奥に神が隠されている

日本語を学ぶ

 羽生結弦君をこの文章で褒め讃えたいのは、その容貌スタイルではない。彼の心持ちである、日本人としての意識である。

羽生結弦の100点超えと金メダル

 ソチ・オリンピックで2月13日、日本の羽生結弦君(19才)が、フィギュアス ...

日本語アップダウン構造の奥に神が隠されている

日本語を学ぶ

 武道修練に「一眼二足三胆四力」(いちがん・にそく・さんたん・しりき)という言葉がある。

 最も重要であるのが「一眼」(いちがん)、眼であるという。

 「一眼」は単に視力を云うのではなく、相手の動きを見極める眼 ...

日本語アップダウン構造の奥に神が隠されている

日本語を学ぶ

 この記事は、過去のメルマガのバックナンバーです。メルマガにおける表現を、そのまま転載していることをご承知おき下さい。
 「アップダウン構造」という魔法のようなキーワードを使って、日本を丸ごと解明してゆくものです。 1. 武道稽古の ...

有孚(四條畷神社)

昌原気ゆる日記

秋風や白木の弓に弦はらん (向井去来)

秋になると必ず思い出す一句である。
去来は芭蕉の弟子、蕉門十哲の一人。芭蕉をして「汝は去來、共に風雅をかたるべきもの也」と言わせしめた人である。
武士として武芸に優れ ...

神道・日本語・日本文化を学ぶトランスペース研究所

昌原気ゆる日記

五月にはいってさわやかな風が吹きめぐる。いい季節だ。
真冬の寒稽古も味わいがあるが、新緑の季節の稽古は、まことにのびやかである。

合気道の稽古といっても、道場に通うことなく、我が家の前の公道で、一人で杖・木刀を振る ...

武道神道の立ち姿・日垣宮主師

あけはら筆録

武道神道の奥義は姿勢に現れる

 武道神道の奥義を極めると、それは必ず姿勢に現れる。芸道もまたしかり。
 筆録【27】において、「女性の美しさの七割が姿勢にある」という持論を述べ、さらに芸道の秘訣が武道の奥義や神道の神髄に通うこと ...

神道・日本語・日本文化を学ぶトランスペース研究所

あけはら筆録

女性の美しさの七割は姿勢

 女性の美しさの七割は姿勢である。
 私はこれまで数多くの若い女性たちに、そう説いてきた。
 最近、奈良県の香芝市三曲協会主催の邦楽演奏会(第27回、平成24年6月17日)に自らも「出演」し、琴 ...