日本語を学ぶ

 羽生結弦君をこの文章で褒め讃えたいのは、その容貌スタイルではない。彼の心持ちである、日本人としての意識である。

羽生結弦の100点超えと金メダル

 ソチ・オリンピックで2月13日、日本の羽生結弦君(19才)が、フィギュアス ...

日本語を学ぶ

 武道修練に「一眼二足三胆四力」(いちがん・にそく・さんたん・しりき)という言葉がある。

 最も重要であるのが「一眼」(いちがん)、眼であるという。

 「一眼」は単に視力を云うのではなく、相手の動きを見極める眼 ...

日本語を学ぶ

 この記事は、過去のメルマガのバックナンバーです。メルマガにおける表現を、そのまま転載していることをご承知おき下さい。
 「アップダウン構造」という魔法のようなキーワードを使って、日本を丸ごと解明してゆくものです。 1. 武道稽古の ...

昌原気ゆる日記

秋風や白木の弓に弦はらん (向井去来)

秋になると必ず思い出す一句である。
去来は芭蕉の弟子、蕉門十哲の一人。芭蕉をして「汝は去來、共に風雅をかたるべきもの也」と言わせしめた人である。
武士として武芸に優れ ...

トランス通信バックナンバー

 今日の内容は、下記の通りです。
_______________________________

1.楯原神社の銀杏
2.アマゾンKDPセミナーで土地振り確認
3.祝詞の稽古2
______ ...

昌原気ゆる日記

武道修練で道着に着替える。この道着に道着の力がある。
路上での合氣等の稽古には、この道着の力に随分とお世話になっている。

路上で合気道の稽古をする際には、通行人や通行車に気を配ることは勿論である。
例えば、 ...

昌原気ゆる日記

五月にはいってさわやかな風が吹きめぐる。いい季節だ。
真冬の寒稽古も味わいがあるが、新緑の季節の稽古は、まことにのびやかである。

合気道の稽古といっても、道場に通うことなく、我が家の前の公道で、一人で杖・木刀を振る ...

昌原気ゆる日記

私の学生時代は、合気道一色に染め上げられていた。稽古が好きで、稽古が好きで、よくよく一人稽古をしたものだ。
(左は、先輩・太田正人師範との稽古風景)

私が指導を受けていたのは、故・小林裕和師範である。小林裕和師範か ...

昌原気ゆる日記

明日は、久しぶりに琴の先生が来宅され、みっちりと稽古を付けて戴く予定です。

琴の稽古というと、今では女性たちの習い事のように思われています。
しかし、昔から、琴は男たちの、とりわけ風流を解する文人たちのたしなみであ ...

昌原気ゆる日記

琴と謡いのお師匠さんに勧められて、琴の稽古をすることになった。

先ずは、幅90cmほどの短琴にて弾奏の稽古をする。
安価な練習用の短琴ではあるが、CDの音色とは違って、生の音にはそれだけの安らぎをもたらす響きがある ...