首相とリーダーの資質(ブライアン・トレーシーのリーダー論)

リーダーの資質

ブライアン・トレーシーに、『ゴール – 最速で成果が上がる21ステップ』 という著作がある。 
その中で、リーダーの資質の一つとして、トレーシーは、「現実を現実として受け止める」ということを挙げている。 当たり前のようでいて、これができていない人が、結構いるものである。

民主党が政権を取って、日本国総理大臣になった人などは、その代表例であろう。

政権交代して、民主党への国民の期待は大いに高まったのだが、いざふたを開けてみると、首相の頼りなさに開いた口がふさがらない。




世の中には、「憑依」という霊的現象が現実にある。

私は、いくつもの憑依現象を実際に見てきた。また、実際に対処を迫られたことも少なからずある。

そういう経験の中で、自分以外の他の霊的存在に憑依される人たちに見られる共通点に気づいた。その二大共通点とは、

* 自惚れ(うぬぼれ)と

* 現実逃避

である。

現実逃避とは、現実を現実として受け止めるのではなく、自分の頭の中にある自分にとって望ましい仮想現実を現実と思いこむことである。

私が実際に見てきた憑依される人間には、例外なく、この現実逃避が見られる。

自分の頭の中にある自分にとって望ましい仮想現実を現実と思いこむ。

これは、民主党の総理大臣にはっきりと見られる心の状態ではないだろうか。

おまけに、根拠のない自信過剰、つまり自惚れによって、沖縄基地を五月までにどうのこうのと、国民のみならず外国のリーダーにまで言ってきたのであるが、現実はいかんともしがたく、今、まことに無様な姿をさらしている。

憑依される人間の二大共通点である自惚れ(うぬぼれ)と現実逃避を、きっちりと兼ね備えた首相が、憑依されていると云うのではない。

しかし、この二大共通点を絵に描いたようにきっちりと兼ね備えている人間が、現実に根ざした行動を取れる筈はない。あっちにふらふら、こっちにふらふらと、現実世界をさまよう他はない。

あれこれと世の中を乱した末に、いかんともしがたい現実の前に、あたふたとよろける他はない。

ああ、日本国は、どうなるのであろうか?

ブライアン・トレーシーは、他の著作で成功へのアドバイスとして、こう言っている。

『怒りと不満はエネルギーの浪費だ』

ああ、もう笑うしかない。アハハ。