神道-日本語-日本文化を学ぶトランスペース研究所

神道・日本文化は日本語アップダウン構造の産物

「神道」の記事一覧

神道・日本語・日本文化を学ぶトランスペース研究所

目次(父と母と産土の神)

 目次(父と母と産土の神)を下に掲載します。  目次に目を通していただくと、父母に孝行を尽くすことが、父なる神イザナミ様と母なる神イザナギ様に繋がることであり、それ故親孝行が人間の運命をも変える力があることを察していただ […]
神道・日本語・日本文化を学ぶトランスペース研究所

はじめに(序文)(父と母と産土の神)

 『父と母と産土の神』の序文の一部をここに掲載します。神道初めの第一歩が「父と母と産土の神」です。  『父と母と産土の神』は、「親子で学ぶ神道読本シリーズ」の第一巻として発行したものです。ルビ(振り仮名)を多用して、小学 […]
アップダウン構造の奥には・・・

感想8・自然観察の道は、日本語観察の道とつながる

自然観察の名人が『日本語は神である』を語る  感想文の作者・菅井啓之さんは、京都ノートルダム女子大学教授で、自然観察や「いのちの教育」に関する著書・論文を多数発表しておられます。  菅井さんは植物に関する知識が豊富で、一 […]
神道・日本語・日本文化を学ぶトランスペース研究所

感想7・戦後教育とキリスト教のトラウマから解放されて

戦後教育で愛国心をもぎ取られ中学校からはカトリック系の学校で日本人でありながら日本人をバカにするような精神構造を植え付けられてトラウマとなっていたそうです。  戦後教育というのは、本当に日本人の精気を根こそぎ消し去ってしまおうとするものですね。
神道・日本語・日本文化を学ぶトランスペース研究所

中須隆天先生の思い出(若き日の神道修行)

 学生時代は合気道一色の生活でありました。よく言うのですが、私は理学部物理学科の卒業ではなく、合気道部物理学科の卒業であると。 卒業後には仙道そして神道への道を歩むことになるのですが、武道が私の人生から消え去ることはあり […]

【神道09】神伝・太祝詞と解文 (日垣宮主・著)

1.太祝詞(ふとのりと)とは  古来、日本神道に伝わる大祓(おほはらへ)祝詞に、    天津祝詞の太祝詞(ふとのりと)ごとをのれ。かくのらば、・・・  とある。  つまり、「太祝詞を奏上しなさい、奏上したならば」と書いて […]
初詣は産土神社に参拝を

【神道08】初詣は先ず産土神社へ参拝を

 格別に神祭りなど考えた事もない普通の日本人が、正月ともなれば大挙して初詣に出かけます。日本神道は、日本人の心の奥底に流れ続けているようです。  この初詣、ちょっと考えて下さい。  初詣は先ず産土神社に参拝するのが筋目で […]