神道は、シンドウか、シントウか

「神道」は、シンドウと読むべきか、シントウと読むべきか。
結論はどちらでもよろしい。但し、そこから「濁り」と「穢れ」の違いについての理解を腹に収めておきましょう。

神道(シントウ)は濁りと穢れを忌む

 トランスペース研究所は、「神道と日本語と日本文化を学ぶ」という旗印を掲げています。
 この「神道」という言葉、一般に広く行われている読み方として、濁音を用いずに「シントウ」と読むことがあります。
 日垣神道においては、武道、茶道、合気道、と同様に濁音で「シンドウ」と発音しております。

 「神道」を濁らずに「シントウ」と発音するのは、日本神道が濁りや汚れを忌むからであると云われます。諸外国においても、日本神道は、Shinto (シントー)として広く認知されています。私も日本語では「シンドウ」と読んでいるのですが、英語では英語世界の慣例にしたがってShintoを用いております。
 
 私はパソコンの日本語入力システムとして「一太郎」のATOKを使っているのですが、このATOKの初期状態では、「しんどう」とひらがな入力して変換を試みても、「神道」は現れません。

 日本語入力システムの最高峰(?)と云われるATOKが、「しんどう」を「神道」とは認めていないのです。Microsoftの日本語入力システムIMEでは、「しんどう」の数ある変換候補のなかに「神道」が含まれています。

 どうやら、一般により広く使われているのは、「シントウ」のようですね。



神道(シンドウ):濁りと穢れは別物

 一般により広く使われているのは、「シントウ」のようですが、それを以て「シンドウ」が誤りであるとは言えません。日本語は、懐が深いのです。武道、茶道、神道、という日本語の用例によっても、シンドウもまた十分に容認される日本語であるのです。

 神道(シントウ)は、シントウでrよろしいのですが、私自身は、神道(シンドウ)を良しとして用いています。それは、「濁り」と「穢(けが)れ」を立て分けているからです。

 濁りと穢れは、異なります。
 日本神道は、穢れを忌むというのは本当です。

 穢れは、祓い清めなければなりません、
 しかし、濁りというものは、尊ぶべきものなのです。

 イザナギの神のキの世界は、形がなく濁りもない世界です。気(キ)は形がなく濁りもありません。
 イザナミの神のミの世界は、形のある世界、濁りの世界です。キからみれば、人間の身(ミ)も、濁りの世界です。

 キは清らかで尊ぶべきでありますが、キだけでは形が現れません。
 ミの濁りがあって初めて形が現れるのです。濁りもまた、篤く尊ぶべきであるのです。

 濁りのない清酒は美味い。そして、濁り酒もまた美味いのです。濁りの中にこそ、人間味が深く讃えられていると申し上げるべきでしょう。

三種の神器は、ジンギかシンキか

 天皇の御位を象徴する神宝として、「三種の神器」があります。
 神道をシントウと読む人も、「三種の神器」はジンギと濁って発音することが多いようです。これも、ジンギが多数派であるとはいえ、シンキと読んで間違いとは言えません。日本語は、かなりの自由度を含む言語であるのです。

 一太郎ATOKと、Microsoft IME で、「じんぎ」と「しんき」が「神器」と変換されるかどうか試みた結果は、次のようになります。

 一太郎ATOK: 「ジンギ」 → 神器 変換される
         「シンキ」 → 変換されず
 Microsoft IME   「ジンギ」 → 神器 変換される
         「シンキ」 → 神器 変換される

 Microsoft IMEは、「神器」を「シンキ」として認めています。この点だけ見ると、Microsoft IMEの方が、一太郎ATOKよりも優れているように見えます。

 日本語ソフトの最高峰を目指すという「一太郎」ATOKには、もうすこし神道関係の用語について配慮してほしいものです。

日本語の懐の深さ

 要するに、神道をシンドウと読もうが、シントウと読もうが、どちらでもよろしいということになります。ただし、日本神道が濁りを嫌うからシントウでなければならない、と考えてしまうと、間違いになります。

 三種の神器も神祇官も、ジンギと読みますし、それ以上に、濁りと穢れを立て分けるということが必要でしょう。

 日本語は、特定の漢字についてどう読むか、読ませたいかを、文章を書く人が自由に決められるという一面があるのです。

 但し、最近はそれが行きすぎてドキュンネームやキラキラネームなるものが横行するようになりました。「●●」と書いて「★★★」と読ませるとは、いやはや、行きすぎではありませんか。こういうドキュンネームやキラキラネームは、日本語の懐の深さを通り越して自己満足になってしまっていると、私は思います。

 若いお父さん、お母さん、気をつけて下さいますように。
【参考】濁りと穢れは異なるもの

神道は、日本人の大らかな心の道です。神道を学んでみたいとお考えになりましたなら、下記の書物をお読み下さい。神道を学ぶ初めの第一歩は、「父と母と産土の神」です。 これをすっ飛ばして神道を追い求めても、実りは得られません。
日本神道の初めの一歩は父と母と産土神
親子で学ぶ神道読本(一)父と母と産土の神
(小学生でも読めるようにルビを振り、やさしく解説。)


気ゆる日記(神道・日本語・日本文化)

日本語の精髄アップダウン構造


スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする