日垣宮主師からお褒めのお言葉を

今日(2013/10/13)は、神戸六甲にて連続4回講演の第2回を行います。
早朝電話が鳴り、何事かしらと受話器を取ると、何と日垣宮主様からのお電話でした。

先日アマゾンより依頼しておいた拙著『日本語は神である』が既に届いて半分ほど読んだところだとのこと。

「君は天才だねえ、国定教科書にしたいくらいだよ。」とのお褒めのお言葉を頂戴しました。

ここへいたるまでに「苦労しただろうね」とのお言葉には、胸が熱くなる思いがいたしました。

身に余るお言葉に恐縮しつつも、これまでの苦労が一気に報われる気がいたしました。

多くの人々に読んでもらい、自分たちが普段なにげなく使っている言葉、こういう意味があったんだと気づいて貰うとよいでしょう。
多くの人たちに読まれることを祈っています、ともおっしゃていただきました。

併せて、私の霊魂の発生源についてのお話も頂戴し、大いに力付けられました。
よし、今日の講演会は、頑張るぞ!





気ゆる日記(神道・日本語・日本文化)

日本語の精髄アップダウン構造


スポンサーリンク

シェアする