天照大神は生命の根源神

天照大神は、日本人なら小学生でも知っている神様ですね。

太陽の女神さまであって、伊勢神宮に祀られていると。

その真実はといいますと、

太陽それ自体は、天照大神ではなく、神美産霊(かみむすび)大神です。

神美産霊(かみむすび)大神のいわば御肉体が、太陽であると申せましょう。

また、太陽神界は生命を生み出す神界であり、天照大神は、その太陽神界の斎主(いわいぬし)の神つまり、神主さんであります。

天照大神が太陽神界で生命をお祀りしてくださるから、私たちは勿論、生きとし生けるものすべてが生命を保ち続けることができるのです。さらには、神々の生命もまた、天照大神の生命をうけて千早振りを起こされます。

天照大神」(神道・日本文化キーワード解説)をアップしました。

天照大神は皇室の祖神に限らず、

生命の根源神であることを、日本人なら誰でも承知して戴きたいと思います。

→ 天照大神(その1)

→ 天照大神(その2)