産土百首03 草も樹も吾が産土の御體の

本田親徳「産土百首/03」
 草も樹も 吾が産土の 御體の 御けつ物ぞと 人は知らずやも
 (くさもきも わがうぶすなの おからだの みけつものぞと ひとはしらずやも)

草も樹も大地の産物

 草も木も、大地の産物であるということは、人みなのよく知るところであります。

 ところが、大地の産物ということを、もう一歩進めていただきたいのです。

 草や木が大地の産物であるということは、草も木も大地の響きを受けて産出される、大地の化け物であるわけです。

 地球上の大地それぞれには、それぞれ特有の磁気を発しており、大地の産物はその磁気波動に染められます。それがその土地の土産(どさん・みやげ)になるわけです。

 「産土百首02 往き還る足踏むごとに産土の」において、大地の表面から九尺以下は、産土さまの世界と申しました。大地は産土さまの御肉体であると申しました。

 草や木は、その大地に根を下ろし、日月風雨の恵みを受けて生育します。何よりも大地のエネルギーを吸い込んで生育するのです。

 「御けつ物」とは、ここでは食物というほどの意味です。
 神祭りにおいて神前にお供えする五穀や野菜等も「みけつもの」です。

 神さまに「みけつもの」を捧げて祭りをお仕えするのは、神様が「みけつもの」をお食べになるのではありません。
 神様は「みけつもの」のエネルギーを採って祭りをなさるのです。
 【「神様は生のコメを食べるの?」参照(文末にリンクあり。】

 「草も樹も 吾が産土の 御體の 御けつ物ぞと」認識するならば、それを食することは、産土さまの磁気波動を食することになります。それゆえ、日本人ならば、せめて主食の米は日本産の米を食べましょう、野菜なども可能な限り日本産を食べましょうということになる。

 日本列島には日本列島特有の磁気波動があり、その磁気波動を帯びて日本の土産(どさん)があるのです。

 日本人が、仮に海外産の食物のみを食べ続けると、日本人としての身体が保てません。日本人であることができないのです。

 食養の世界で「身土不二」(しんどふじ)という言葉があるのは、その間の消息を表しています。
 草や木が、ある意味で大地を食べて生きている。その草や木を食べる人間もまた、大地を食べて生きているのです。だから人間の「身」と「土」とは、異なる二つのものではない(不二)というのです。

 産土の神は、土を生み出す神であり、大地の産物たる草や木もまた産土の磁気波動を受けて生育し、人もまた産土の磁気波動の化成し他存在であるのです。

 キリスト教の聖書に、人間は砂から造り出されたとあるのは、その点を表現したものでしょう。

 産土の神と草や木、さらには人間との関わりは、こんなにも強いものであるのです。
 さらにまた、人間が用いる言語もまた、産土の磁気波動に染められているのです。だから土地土地の方言があって、土地振りを表しているのです。

 草も樹も 吾が産土の 御體の 御けつ物ぞと 人は知らずやも
 この一首、じっくりと味わいたいものですね。
【参考】→神様は生のコメを食べるの?


 日本語の奥に神が隠されていました。
 日本語を使う日本人は無意識のうちに神とつながります。
   ↓  ↓  ↓  ↓ 日本語の精髄アップダウン構造