神道-日本語-日本文化を学ぶトランスペース研究所

神道・日本文化は日本語アップダウン構造の産物

「天璋院篤姫」の記事一覧

天璋院篤姫と島津斉彬

【篤姫09】篤姫テスト(2)養父・島津斉彬は薩摩の殿様か?

島津藩主の絶大なる権力 篤姫の実父、島津忠剛(ただたけ)は、藩主の一言で恐れおののき自ら謹慎して沙汰を待つということがありました。 ドラマ「篤姫」では、長塚京三が演じる忠剛が、謹慎でひげ面を表していましたね。 篤姫の生家 […]
神道・日本語・日本文化を学ぶトランスペース研究所

【篤姫06】菊本の自害はナゼ?(2)菊本の遺骸は不浄門から

菊本は罪人扱いされ遺骸は不浄門から出される 天璋院篤姫を幼児から育てた老女・菊本は、慶事の前に自害して今和泉島津家の当主・島津忠剛(しまづただたけ)の怒りを買い、菊本の名は家臣の籍から抹消されました。(それこそ菊本が目指 […]

【篤姫05】御殿女中こや/主命を奉じて火中に飛び込む

前の記事「菊本の自害はナゼ?」において、主・篤姫の為に自害する菊本のサムライ心について述べましたが、現代に生きる私たちには、それでも菊本の心がピンと響かないかもしれません。 そこで御殿女中「こや」のエピソードを紹介して、 […]
神道・日本語・日本文化を学ぶトランスペース研究所

【篤姫04】菊本の自害はナゼ?

慶事の前の菊本の自害 大河ドラマ「篤姫」第5回(2008/02/10)において、篤姫(宮崎あおい)を幼児から育て上げた老女の菊本(佐々木すみ江)が自害するという事件が起きた。 突然の菊本(佐々木すみ江)の自害に驚かれた人 […]
神道・日本語・日本文化を学ぶトランスペース研究所

【篤姫02】篤姫の働きで「徳川の人はむなしく・・」を免れる

大政奉還の年号は・・ 徳川幕府の15代将軍、徳川慶喜(よしのぶ)が政権を朝廷に返上した、いわゆる大政奉還ですが、この大政奉還の年号を覚えておられるでしょうか。私は、語呂会わせで覚えています。1867(ひとはむなしく)年で […]