お盆の迎え火

太陽の神道, 神道を学ぶ

お盆(盂蘭盆会)に先祖のミタマ祀りする習慣があります。
それに先立ち、迎え火を灯すということも、広く行われています。

お盆の迎え火を灯す作法について解説しておきます。

迎え火の正式作法

先ず提灯

春分の日・秋分の日のミタマ祭りの榊(紙垂)

太陽の神道, 神道を学ぶ

毎年、春には春分の日、秋には秋分の日が訪れます。
春分、秋分の日は、とりわけ大事なミタマ祀りの日であること、
承知していただきたいと存じます.

あなたのお家では、どのような祭りをなさいますか?

...

神道・日本語・日本文化を学ぶトランスペース研究所

トランス通信バックナンバー

トランスペース友の会会員諸兄姉へ

****************************************
1.春分のみたま祭り簡略作法
****************************** ...

神道・日本語・日本文化を学ぶトランスペース研究所

日本の神々

4.天照大神は太陽神界の齋主(いわいぬし)

 天照大神が太陽神(たいようしん)であり、伊勢神宮に祭られていることは、日本人ならどなたもご存じでしょう。朝、日の出の時の太陽を「御来光(御来迎)」として礼拝申し上げる方も多いと存じます。

神道・日本語・日本文化を学ぶトランスペース研究所

トランス通信バックナンバー

 随分涼しくなりました。あの猛暑はどこへ行ったのでしょうか。
 天地の巡りは、不可思議にしてありがたいものです。
今日の内容は、下記の通り。
_______________________________ ...

神道・日本語・日本文化を学ぶトランスペース研究所

トランス通信バックナンバー

 先ほどの 【友の会通信】で祝詞を紹介しましたが、
 初めて祝詞に接する方は、読み方がお分かりでないことでしょう。
 そこで、祝詞の読み方のみ追記いたします。
 括弧()内が、その前の漢字の読み方です。 ...

神道・日本語・日本文化を学ぶトランスペース研究所

トランス通信バックナンバー

 朝、目を覚ますと、体がだるい。マツリ疲れ特有のだるさである。
 ああ、始まったか・・・。

 今宵(9/19)は満月、とりわけ中秋の名月。しかも、続けて明日(9/20)からは彼岸の入り。

 毎年、春分秋 ...

神道・日本語・日本文化を学ぶトランスペース研究所

昌原気ゆる日記

昨日の日記に「血の球の響きが人格を形成している」と述べた。
父母の力(血の球の力) 昌原気ゆる日記

更に言うと、人間のチカラは「血から」響きでる。

体中を流れる血液、その血球には、肉体を支える力とともに ...

神道・日本語・日本文化を学ぶトランスペース研究所

昌原気ゆる日記

ある家の火継(ほつぎ)祭りをお仕えした。
火継を受けるお嬢さんの実の母親に神主となって戴いた。
神祀りは筋道が通らないと成就しない。なかなかに難しい点もある。
今まで神祀りなど経験のない母親に果たして火継祭りの ...