潜在意識を浄化して深層意識へ(日本語アップダウン構造のはたらき)

2018年4月14日

 この記事は、過去のメルマガのバックナンバーです。メルマガにおける表現を、そのまま転載していることをご承知おき下さい。「アップダウン構造」という魔法のようなキーワードを使って、日本を丸ごと解明して行きます。
 【要約】
 ・潜在意識を願望実現に活用するのは、危険が伴う。
 ・潜在意識は浄化しなければ活用できない。
 ・潜在意識の奥の深層意識の発現をこそ目指すべきである。
 ・アップダウン構造は潜在意識から、更にその奥の深層意識への架け橋 である。

潜在意識を浄化して深層意識へ

潜在意識は、活用の前に浄化する必要がある

 潜在意識を活用するとよく言われます。
 ちょっと待って下さい、

 潜在意識は、活用する前に、浄化する必要があります。
 浄化しなければ活用はできないのです

 潜在意識は、善悪混交の意識領域です。よいことも悪いこともごちゃ混ぜになっています。 
 その潜在意識を、むやみやたらに表に引っ張り出してきたら、よいことも起こるでしょうが、悪いことも同じだけ起こり得るのです。

 潜在意識は、浄化すべきものなのです。

 「ありがとうは潜在意識をゆり動かす」を出しましたところ、多くの方々から、メールをいただきました。またHPに載せたところ、そのページが一番アクセス数が多いという状態が続いています。

 「潜在意識」という言葉には皆さん敏感に反応されるのですね。
 それだけに、潜在意識について正しい認識を持って戴く必要があります。

 潜在意識にインプットしたことが、この世の現象として現われるというのは本当です。だから、潜在意識の活用を説く人たちが、潜在意識に願望実現のイメージを埋め込むように指導しているのです。

 この潜在意識の力が、表面意識(顕在意識)よりもはるかに大きいということもよく知られています。

 ところが、その潜在意識のさらに奥に、潜在意識よりもさらに大きな力を振るう深層意識とも呼ぶべき意識領域があることを知らねばなりません。

   表面意識 << 潜在意識 <<< 深層意識

 隠れた意識層を、潜在意識という言葉でひっくるめてしまうのではなく、潜在意識とははっきりと区別される深層意識があると知ることはとても大事なことなのです。

 「知ることは力」であるのです。(「御座居ます」の力を知る。→ 「ありがとう」に「御座います」をつけると言霊の力が強まる参照。)

 「知ることは力」の例を一つ挙げましょう。

 ノストラダムスが20世紀末に人類が破滅するという予言をもたらしたのは人類の潜在意識を読み取ってのことでした。
 人類の潜在意識に現われた未来の原型を観る限り、そのような結果しか起こり得ないと見えたのでしょう。

 しかし、人類は滅亡しなかった。

 それは、潜在意識の奥の世界から、深層意識の光明をこの世にもたらしてきたからなのです。途中の潜在意識の汚れをきれいさっぱり浄化したからなのです。
 世界中の志ある人たちが、「祈り」によって深層意識の光明をこの世にもたらしてきた結果、人類の潜在意識に形作られた地球破滅のシナリオが、浄化されて、人類は滅亡を免れたというわけです。

 個人の運命も同様です。
 霊能者や占い師が個人の運命を予言することがあります。
 
 あなたは来年来月に交通事故に遭って死ぬと言われたとします。
 霊能者は、あなたの潜在意識に蓄えられた、あなたの運命の原型を観るのです。その原型によれば、交通事故で死ぬことになっている。

 潜在意識がそのまま現実化すれば、予言通りにあなたは死ぬことになりますね。
 しかし、それだけが唯一のシナリオではないのです。
 潜在意識の原型を溶かすことが出来るのです。

 たくさんの志ある人々が祈りに祈って、ノストラダムスの大予言を覆したように、祈りによってあなたの運命のシナリオを変えることもあり得るのです。

 人間の祈りに応じて、潜在意識を浄化していく力を持っているのが、深層意識であります。

 「祈り」とは、潜在意識に願望を蓄えることではありません。
 「祈り」とは、深層意識の光明をこの世にもたらすことです。

 潜在意識とは、はっきりと区別される深層意識があると知ることは、大いなる力となるのではありませんか。
 そして、日本語アップダウン構造は、深層意識につながっていると知って戴きたいのです。

●参考:『日本語は神である・日本精神と日本文化のアップダウン構造』
 第4章の3節「深層意識の発現」(P.192)参照。
 第3章の4節「日本的「知る」ことは一体化」(p.156)参照。

2. アップダウン構造は深層意識への架け橋

 日本語アップダウン構造がアップする世界というのは、潜在意識の領域ではありません。
 潜在意識のさらに奥の世界、深層意識(神意識)の世界です。

 この深層意識こそ、人間の本心、悟りの意識、神としての霊止(ヒト)意識であり、宇宙意識と称えるべき意識です。

@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@
@        @
@         (宇宙法則、神)・・・・深層意識    @
@                                @
@           ↓ ↑                 @
@          ↓   ↑                @
@ ダウンする ↓     ↑  アップして        @
@        ↓       ↑              @
@       ↓         ↑             @
@                                @
@     (あなた)←・・・・・ ( 私 )・・・表面意識   @
@                                @
@      (日本語のアップダウン構造)         @
@                                @
@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@

 アップダウン構造は深層意識への架け橋です。
 これを深くふかく知ることが、アップダウン構造の働きを大きく大きく増幅してくれます。

 第9号「ありがとうは潜在意識をゆり動かす」を読み返してみてください。

 ありがとうは、潜在意識の原型をこの世に現実化するとは一言も書いていません。
 正しくは「ありがとうは潜在意識をゆり動かし、深層意識を呼び起こす」と書きました。

 呼び起こすべきは、深層意識なのです。
 潜在意識はゆり動かして、深層意識の光明で浄化してしまえばよろしいのです。

 日本語アップダウン構造は深層意識への架け橋であるということを、広く日本人の常識としていただきたいものです。

 神国日本といわれ、神州清潔の民といわれ、地球に大調和をもたらす大和の国といわれてきたのは、このアップダウン構造によって、日本人の意識が知らず知らずのうちに深層意識の流入に満たされていたからです。

 神州清潔の民に栄光あれ!

3.編集余録

次号予告「ありがとうで深層意識の扉を開く」

 「祈り」というと宗教行事のように思う人が多いことでしょう。
 祈りとは、潜在意識を浄化して、深層意識の光明をこの世にもたらすためのものです。それが本来の宗教の役目です。
 
 それじゃあ、皆さんよくご存知の「ありがとう」を使って、宗教ならぬ宗教(つまり日本語)の、祈りならぬ祈り(例えば「ありがとう」)を使って、深層意識の扉を開く方法を考えてみましょう。乞うご期待!

「トランス通信」配信登録を!

●「気づきの扉をノックするようなHPですね」
 最近トランスペースのメール会員に登録していただいた「浩美」さんのコメントです。メール会員ニュースにも載せたのですが、この表現があまりに嬉しかったので、ここでも再度紹介させていただきます。
 (「メール会員」のシステムは、「トランス通信」として新装開店。)

●「トランス通信」の配信登録をお願いします(登録無料)
 登録はこちらから→「トランス通信」の配信登録

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 トランスペースの本

『日本語は神である・日本精神と日本文化のアップダウン構造』 昌原容成・著(印刷版、電子書籍版)
 日本語は、見えない世界にアップして、見える世界にダウンする。
 日本語アップダウン構造を知ることによって、日本語の力をいっそう強く発揮することができる。
● 序文で涙がこぼれました(福島県、加藤敦子さん)
● 声に出して読むと、言霊の響きにつつまれるのを感じます(大阪府、Nさん)

親子で学ぶ神道読本(一)父と母と産土の神 昌原容成・著(印刷版、電子書籍版)
子育て絵本『たんじょう日ありがとう』
 誕生日とは両親と産土神への感謝の日であると、子供たちに教える。
 万物への感謝は、自分の誕生への感謝から始まるのでは。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

[myphp file=’ake_all_A’]


 日本語の奥に神が隠されていました。
 日本語を使う日本人は無意識のうちに神とつながります。
   ↓  ↓  ↓  ↓ 日本語の精髄アップダウン構造