とんど焼きには清らかな火を

1月15日は、小正月。

この日に「とんど焼き」を行うところが多いようですね。

多いと言うことであって、この日に限ったことではありません。

8日に注連(しめ)飾りや古いお札などを持ち寄って、炊き上げる神社も各地にあります。

神祀りに使用したものを、ゴミ箱へ捨ててしまうのはどうにも気が引けますね。

そこで火をつけて燃やしてしまうというのは、とても素晴らしい智恵だと思います。

家庭でとんど焼きを行う際には、火に気をつけたいものです。清らかな火を用いたいものです。




では、清らかな火は、どのようにして手に入れますか。

炊き上げるモノザネを塩で浄めて、マッチを擦る、あるいはチャッカマンをつける。

その際に、火の神様にお願いして清らかな火をともして戴くのです。

つまり、祝詞を唱えるのです。

まあしかし、祝詞というほどの厳かな言葉を知らなくてもよいでしょう。

「火の神様、この○○を火炊(ほた)きする清ら火をともしてくださいませ」と申し上げて、マッチを擦るとよいでしょう。

なんだ、唱えるだけでよいのかですって?

そうです。言葉には力があるんですよ!


神道は、日本人の大らかな心の道です。神道を学んでみたいとお考えになりましたなら、下記の書物をお読み下さい。神道を学ぶ初めの第一歩は、「父と母と産土の神」です。 これをすっ飛ばして神道を追い求めても、実りは得られません。
日本神道の初めの一歩は父と母と産土神
親子で学ぶ神道読本(一)父と母と産土の神
(小学生でも読めるようにルビを振り、やさしく解説。)


気ゆる日記(神道・日本語・日本文化)

日本語の精髄アップダウン構造


スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加