衣服に神気が蓄えられる

「馬子にも衣装」というように、衣服には力があります。

女性がきりっと和服を着ると、見違えるほど立派に見えますね。

衣服を単なるモノだと考えてはなりません。

神主が狩衣(かりぎぬ)や斎服(さいふく)を身につけると、それだけで厳かに見えます。

その衣服の力で祭りができるのです。

衣服のエネルギーが人間を引き立ててくれるのです。

また、祭事でもたらされる神気も衣服に蓄えられます。

だから、祭事に列席する際には、とびっきりの一張羅をきることです。

以前、甥っ子が結婚することになり、魂(タマ)むすびをしてあげることになりました。やってきた甥っ子を見ると、何と、ジーパンにセーター姿。


おいおい、一生に一度という大事な魂(タマ)むすびの神気をジーパンとセーターにこもらせるのか。

ちょっぴり苦言を呈しました。

神気は衣服に蓄えられます。

だから、神修者は、白衣を着用して、どのような色の神気であろうと、そのままに頂戴するという姿勢を示すのです。

このように衣服には現実に力があります。

しかし、よれよれの衣服を着ると、逆に己のエネルギーが衣服に食われるということも心得ておくべきでしょう。