(7) 大和(やまと)民族を知らない若者たち

1.大和(やまと)民族を知らないとは、信じられない!

 大和(やまと)民族ってご存知ですか。日本人のことですよ。
 えっ、馬鹿にするなって?
 そうおっしゃるお人は、私と同年代の団塊の世帯以上の人々でしょうね。
 
 ところが、団塊の世帯以上の方々には、恐らく信じられないことだと思いますが、今の二十代の若者は、大和(やまと)民族とはどこの国の民族であるのか知らないのです。
 それも大学を出て、常識をわきまえた社会人として通用している人たちであっても知りません。
 教師であっても、知りません。

 これ、本当なんですよ。ご同輩方には、信じられないでしょうね。私も最初は信じられませんでした。
 大和(やまと)民族を知らない日本人がいるとうことを、一体、誰が信じられますか!
 そう思いました。そこで、実際に調べてみることにしました。

2.調査結果

 30歳から31歳の大学卒業した青年男女10名ほどにアンケートをとりました。
 全員そろって、大和民族とは日本民俗であることを知りませんでした。
 10名は少な過ぎるでしょうか。そうかも知れません。
 でも、それ以上続ける気がしなくなったのです。
 大和(やまと)民族を知らないという若者は、よほど特殊な偏った人たちだろうという思いこみとは裏腹に、アンケートを取った青年男女(大卒者)10名はすべて大和民族を知りませんでした。
 
 いやあ、参りました。
 
 「やまと心よよみがへれ」を旗印に掲げて、これから雄叫び挙げて行こうとするトランスペース研究所ですが、この事実は本当にショックです。
 このタイトル、若者には通用しないのでしょうね。
 北京原人かピテカントロプスにでも呼びかけていると受け取るのでしょうか。

学校教育、恐るべし

「やまと心よよみがへれ」と唱えて私が相手をしているのは、北京原人ではありません。日本人です!
 これは、今の学校教育で、日本の良い所を教えるという観点が、完全に、完璧に、パーフェクトに、根こそぎ、消えているからでしょう。
 学校教育、恐るべし!
 ここまで完璧に、日本精神が抹殺されているとは。

 むしろ逆に、その徹底ぶりは敵ながらアッパレであると褒めてやりたい気すらします。(嘘です、褒めるつもりはありません。)アーア!
 この事実を前にして、トランスペース研究所の活動の必要性を痛く感じます。
 大和と書いて(やまと)と書き足すのは、ひょっとすると若者たちには読んでもらえないのではないかとの心配りからです。
 これほどまでに、日本人の心は、教育によって変えられてしまうのですね。
 この件は、いずれ統計調査をしてみたいと思っています。 
 読者の皆さんも、ご自分の周りの若い人たちに聴いて見てください。
 中年熟年の方々には驚くべき結果が出るでしょうね。

日本語は神である・びっくり驚いた