太陽の神道



 格別に神祭りなど考えた事もない普通の日本人が、正月ともなれば大挙して初詣に出かけます。日本神道は、日本人の心の奥底に流れ続けているようです。
 この初詣、ちょっと考えて下

太陽の神道

1.産土神はさ迷える霊魂の行く先を示す

 産土神の働きの一つに、死後の霊魂の行く先を示すということがあります。

 産土神から死後の行く先を示される人は幸いですが、中には産土神の恵みから外れて、行き先が分からずにさ迷える霊魂 ...

太陽の神道

 日本中、どこへ行っても産土神社があり、産土神が祭られています。 産土神と産土神社は、日本神道の根幹をなす存在です。日本人は昔から、産土神社に参拝することを生活の一部としてきました。

太陽の神道

 産土神の知識は、日本神道の根幹をなすものであります。
 産土神は、しばしば氏神と混同されます。産土神と氏神をきっちりと立て分けて心におさめておきましょう。

1. 産土神と氏神は異なる神

 産土神(うぶすながみ)と氏 ...

昌原気ゆる日記

店舗開業を控えた人が、事業の繁栄を祈って神社参拝を思い立ちました。
何か事があると人間は神様を想うようで、自分の店を開業ということになった人も、何やら神参りをしたくなったと見えます。
そこで彼は、遠くの有名神社へ参拝し ...

昌原気ゆる日記

知人が店を開業することになった。
改装工事を始めるに当たり、夫婦そろって工事担当者を伴い、ご近所に騒音その他のご迷惑をおかけするについて挨拶回りをするという。
なかなか感心な気遣いである。
しかし、忘れてならな ...

昌原気ゆる日記

神道や神社の古い伝承は尊重すべきですが、同時に新しい時代の息吹を吹き込むことも忘れてはなりません。
今の時代を神道の立場から一言で表現すれば、「太陽の新時代」と言えます。
月の光を頼りにしていた時代は終わり、太陽が高々 ...

日本人の暮らし方, 昌原気ゆる日記

初詣は先ず、産土神社へ参拝なさるのがよろしいでしょう。
All〇〇Japanの新年マニュアルとやらをみて、その内容に落胆しました。

有名神社の紹介をしてくれるのはよいのですが、人それぞれが住む土地の産土神社はどうな ...

昌原気ゆる日記

産土神社には、ご神体を奉安する本殿があり、ご神体を礼拝する拝殿があり、神木が立っている。
  ・本殿
  ・拝殿
  ・神木

最近の世相は、本殿拝殿を尊重するあまり、周りの神木をお粗末にしがちである ...

昌原気ゆる日記

2004年4月5日の満月祭は房総半島の南端、布良崎(めらさき)の里でお仕えした。
また、満月の力を戴いて、参列者の先祖および有縁のミタマの祀りをお仕えした。
参列者の中に、まことに凄惨なる状態に置かれている多数の有縁の ...