神道に太陽の新時代の息吹を

神道や神社の古い伝承は尊重すべきですが、同時に新しい時代の息吹を吹き込むことも忘れてはなりません。

今の時代を神道の立場から一言で表現すれば、「太陽の新時代」と言えます。

月の光を頼りにしていた時代は終わり、太陽が高々と昇りますと、今まで月明かりでは見えなかったものまで、ハッキリとみえるようになります。

その立場から、神道や神社、大和心について書き綴りたいと思います。

トランスペース研究所のサイトにようやく「神道と太陽の新時代」の息吹をお伝えするページができました。 まずは、時代背景から書き始めました。ご覧下されば幸いです。

→ [1] 太陽の新時代(トランスペースの理念)

→ [2] 人間理性成人祭

→ [5] 産土神社の探し方