お多福(おたふく)は日本的女性美の極致

「お多福」(おたふく)とは美しい言葉です。
「お多福」を「おかめ」とも言います。

お多福さんは日本女性の美の規範
お多福さんは日本女性の美の規範


最近は、「おかめ・おたふく」が醜女(しこめ)の代名詞のようになっているのは、甚だしい誤解で、実に残念です。
「お多福」さんは美しいのです。
おたふくさんは、下ぶくれのお顔で頬がふっくらとしているのが特徴です。平安朝の昔から、これが日本美人の典型とされてきたのです。

日本語の世界に「お多福」の一語があって、日本的女性美の極致を表現していることをおわかりいただかねばなりません。
「お多福」さんは、女性の美しさのみならず、女性の徳分をも表している言葉であります。

お多福さんは生物学的に可愛い

おたふく顔が美しいのは、生物学的に、DNAの観点からも確認できます。
人間を始め、犬や猫に至るまで、ほ乳類というものは、ふっくらしたものを可愛いと感じるというDNAを持ち合わせているのです。

ほ乳類は赤ちゃんを生みます。赤ちゃんは狭い産道を通ってこの世に誕生しますので、ぎざぎざでは差し障りがあります。ほ乳類の赤ちゃんは、ふっくらと丸みを帯びているのです。

その丸みを帯びたふっくらとした赤ちゃんを、ほ乳類の親は可愛いと思うようになっているのです。そのように創られているのです。

だから、仮にほっそりとやせ細った赤ちゃんがいたとしたら、栄養不良でかわいそうだとは思いますが、可愛いとは思えないのです。

今の若い女性たちは、どうしてそんなにやせたがるのでしょうか。やせてガリガリになってしまっては、ふっくらとしたかわいらしさが失せてしまいます。

男たちも、ふっくら美人こそが日本美人であり、生物学的にも美しいと知るべきです。お多福さんは、男性の目から見ても可愛いのですが、ワンちゃんや猫ちゃんの目からみても可愛いはずです。ほ乳類は、ふっくら顔を可愛いと思うようにできているのです。

お多福さんの徳分を人相学から説く

お多福さんは、美しくって可愛いだけではありません。おたふく顔には、女性としての徳分が豊かに備わっているのです。
お多福さんの人相 まず、お多福さんは頬がふっくらとして豊かです。

この部位は人相学では、世間宮(せけんきゅう)あるいは名誉宮と称し、社会との交流のあり方が現れるとされています。
お多福さんをお嫁さんにもらうと、その家は人付き合いがスラスラとうまくいくことでしょう。

唇の下を居宅宮(きょたくきゅう)と称し、家・土地の有様が現れる部位です。
お多福さんのように下ぶくれの女性をお嫁さんにもらうと、マイホームが安定して幸せに暮らせます。

やせたい、やせたい、ほっそりしたい、と強迫観念のようにお考えの女性たちは、考え方を改めていただきたいものです

甚だしきに至っては、整形などというまことに荒っぽい野蛮なる方法を採る人たちもいます。豊かな下ぶくれを、骨を削って細顔にするなど、清少納言や紫式部が聞いたら、卒倒してしまいますよ。

韓国では整形手術が盛んです。韓国整形美人の画一的な見せかけの美には、心あたたまるような可愛らしさはありません。

「昌原筆録【29】山桜を愛でる(ソメイヨシノ全盛の陰で)」に、韓国整形美人の裏側についてのリンクがありますので、ご覧下さい。ビックリの現状を。)

 身体髪膚(しんたいはっぷ)これを父母に受く。あえて毀傷(きしょう)せざるは孝の始めなり。
(人の身体はすべて父母からの恵みとして下されたものであるから、それを傷つけないようにするのが親孝行の始めである。)【孝経】

韓国は、昔は、儒教の国と言われたものですが、孝経の訓えがどこへすっ飛んでしまったのか、親たちが子どもの整形の面倒を見ることも多いとか。やれやれ。

せめて日本女性たちは、お多福さんの美しさと徳分に心を致して、孝経の一文に想いを致して、清少納言や紫式部が讃えるような美しさを保持して戴きたいものです。

オタフク(お多福)の言霊の有り難さ

お多福さんが、生物学的に、また人相学的に、女性の美しさと徳分を表すものであることを述べました。
それに加えて、お多福さんという言葉は、言葉自体がありがたい。

「おたふく」を「お多福」とは、よくぞ言いけり。
お多福さんは、そのお顔の徳分によって、多くの福をもたらすのです。
「多福」と漢字と相まって、「オタフク」という日本語の言霊が働きます。

「オ」はすべてを覆う。
「タ」は水であり、物を生み出す田(た)でもある。

水気が枯れては女性の潤いは消えてしまい、物を生み出す力も果てる。水は方円の器に従いつつ、万物の内部に染みこんで内部からそれを支えます。まことに順徳そのもの。時に大洪水を起こしてすべてを流し去るほどの力を振るう。怒らせると怖い。水の徳分は、女性の徳分ではありませんか。

「フ」は虚空から吹き起こる風を表し、「ク」で組み立てる。

つまり、オタフクとは、万物にしみ通り内部からそれを支え、水の力で物を生み出し、人生の福徳を組み立てていくとなる。

お多福さんは、日本的女性美の極致であると申し上げる所以です。

そういえば、琴の仲間の「フクちゃん」は、なかなかのお多福美人でいらっしゃる。
お師匠さんも、随分とお多福さまでいらっしゃる。琴弾く女性には、お多福さまが良く似合います。

日本女性は、そうでなくっちゃ、なりませんね。
柳原かな子ちゃんなど、なかなか可愛いお人でしょ。不二家のペコちゃんもお多福さん。

西洋流の感覚に毒されずに、お多福美人が増えることを切に願うものであります。

▼次の記事もお読み下さい。
→ 「ひょっこ」有村架純は、古典美人であることの日本文化的・生物学的根拠

日本語の真相が発現!

日本語の精髄アップダウン構造