人を恐れぬヤブ蚊が恐れるものは

人を恐れぬヤブ蚊はトンボを恐れる 平野川の川縁を自転車で走行していて、ヤブ蚊の大群に突き当たることがあります。
一瞬、顔面に砂をぶっかけられたような感じがします。
目といわず、口と言わず、どこへでも遠慮なしにぶつかってくる。

ヤブ蚊たちは、人が近寄っても逃げようとはしません。
彼らは、人を恐れるということがありません。

もちろん、捕まえようとして追いかけると、逃げるとは思うのですが、基本的に彼らは人間を始め、哺乳動物を恐れて近寄らないと言うことはないでしょう。

そりゃそうでしょう。
蚊が人を恐れて近寄らなければ、血を吸えないのだから、彼らの商売あがったりですね。

だから、彼らのDNAの中には、人や犬などの哺乳動物を恐れるという情報は入っていないでしょう。
むしろ、エサである暖かい血を求めて、哺乳動物に近寄ってくるのです。

では、そういうヤブ蚊たちが恐れる動物はいないのでしょうか。

蚊が恐れるのはトンボ

ヤブ蚊の集団に、人の集団が近寄っても、彼らは逃げようとはしません。
エサが近寄ってきたというほどのことでしょう。

ところが、そこへトンボが一匹近寄ってくると、ヤブ蚊たちは雲散霧消して逃げ去ります。
トンボは、蚊を捕らえて食べるからです。

人間とトンボと、どちらが強いか。
もちろん、人間の法が強いに決まっている。

しかし、ヤブ蚊にとっては、人間は恐れるに足らず、トンボはまことに恐ろしい存在であるのです。

このように、何を恐れるかということも、己の身の丈に応じた恐れこそが、もっとも恐ろしく感覚されるのです。
己の身の丈をあまりに大きく外れると、恐ろしさすら感じないのでしょう。

このことを人生に当てはめてみると、色々と考えさせられることがありますね。


気ゆる日記(神道・日本語・日本文化)

日本語の精髄アップダウン構造


スポンサーリンク

シェアする