バレンタインデーの義理チョコをやめよう(ゴディバの広告)

毎年バレンタインデー(2月14日)が近づくと、憂鬱になるOLたちが結構いるのではないでしょうか。
バレンタインデーの義理チョコはやめよう それは義理チョコという「けったいな」風習が彼女たちを悩ませているからです。
こんなものを一体、七誰がはやらせたのか。チョコレート業界の策謀ではないのかしら。

ところが、チョコレート業界の中でも良識を持つ企業はあるようです。
今日(2018年2月1日)の日経新聞で、ゴディバジャパン社が、一面をまるごと使って「義理チョコをやめよう」という広告を出しました。
その企業姿勢に深く共感しましたので、下記に広告の全文を掲載します。

日本は、義理チョコをやめよう

バレンタインデーは嫌いだ、という女性がいます。
その日が休日だと、内心ホッとするという女性がいます。
なぜなら、義理チョコを誰にあげるかを考えたり、
準備をしたりするのがあまりにもタイヘンだから、というのです。
気を使う、お金も使う、でも自分からはやめづらい。
それが毎年もどかしい、というのです。

それはこの国の女性たちをずっと
見てきた私たちゴディバも、肌で感じてきたこと。
もちろん本命はあっていいけど、義理チョコはなくてもいい。
いや、この時代、ないほうがいい。そう思うに至ったのです。
そもそもバレンタインは、純粋に気持ちを伝える日。
社内の人間関係を調整する日ではない。だから男性のみなさんから、
とりわけそれぞれの会社のトップから、彼女たちに先ずひと言、
言ってあげてください。「義理チョコ、ムリしないで」と。

気持ちを伝える歓びを、もっと多くの人に楽しんでほしいから。
そしてバレンタインデーを、もっと好きになってほしいから。
愛してる。好きです。本当にありがとう。そんな儀礼ではない、
心からの感情だけを、これからも大切にしたい私たちです。

ゴディバジャパン株式会社
代表取締役 ジェローム・シュシャン


ゴディバジャパン、気に入った!
こうことを言われると、チョコレートには縁のない私も、ゴディバの高級チョコレートを買って見ようかと思ってしまいます。

日本人のみなさん、義理チョコはもうやめましょうよ。
贈り物は、本来、義理でするものではありません。
この「けったいな」風習は、外国人の物笑いの種ですよ。
一部の業界の策謀に乗せられて右往左往するのはやめましょうよ。
本当にかしこい消費者になりたいものですね。

ところで、バレンタインデーに本命チョコを手渡したいと思っている女性の皆さんに、
チョコよりももっと効果のある方法を教えて差し上げましょう。

縁結びの根源の神さまにお願いするのです。
下記の記事の最後に、祝詞も書いておきました。
これはチョコよりも効きますよ。
ただし、神さまからごらんになってのよろしき縁を結んで下さるので、
自分の表面意識とは異なる結果となる可能性もありますね。
でも、それこそが、本当の幸せの道に違いありません。
本命チョコを考えている方へ、是非とも、お読み下さい。
 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
▼関連記事:バレンタインに縁結びの根源神・大穴牟遅大神を想う

日本語の真相が発現!

日本語の精髄アップダウン構造