序文と目次『父と母と産土の神』

 『父と母と産土の神』は、「親子で学ぶ神道読本シリーズ」の第一巻として発行したものです。ルビ(振り仮名)を多用して、小学高学年から読めるようにと配慮しました。ネット上の掲載文(下記)には、ルビを省いていますが、紙書籍・電子書籍ともに、しっかりとルビを振ってあります。
 「親子で学ぶ」というタイトルをつけていますが。内容は大人の親御さんにも学んで戴きたいものです。
 「父と母と産土の神」は人間の生き方の基本の基本です。そこをしっかりと踏まえた上で、スピリチュアルな学び事をなさると、豊かな実りがえられることでしょう。この書は、親子でお読みいただけたら幸いです。

>序文(はじめに)『父と母と産土の神』

  はじめに
 日本の国にはどこへ行っても、神社がありお寺があります。日本には昔から神道と仏教が伝えられてきました。あなたのお家にも神棚、あるいは仏壇、ひょっとすると両方があることでしょう。
 仏教には沢山のお経があります。お経を経典とも言います。経典の数は、あまりに多すぎて、はっきりと定めがたいほど多いのです。
 ところが神道には、経典に当たる書物がないと言われてきました。

  (中略)

 宗教の三大要素とは、教祖と経典と戒律です。

  (中略)

 このように、神道には、教祖もなく経典も見当たらず戒律もないのですから、西洋の学者が、神道を低次元の土俗信仰と観たのは無理もありません。
 神道は、日本人の心の中に生きています。日本人の心は、世界に誇れる素晴らしさを備そなえています。神道もまた、篤く礼拝申し上げて尊ぶべき道です。
 
 その神道を、これから親子ともども学ぶことにいたしましょう。
 では、どこから手を付けて、どのように学べば良いでしょうか。神道を学びたいと思う人は多いのですが、何しろ教祖も経典も戒律もない神道ですので、どこからどのようにして神道を学び始めればよいのか、皆目見当が付かないかも知れません。
 ところが、実は、神道を学び始める切っ掛けは、とても簡単な処にあるのです。

   (中略)

 そこで、あなた自身と、お父さん、お母さんのことから学び始めるのが、一番確かに神道を学ぶことになります
 逆に、ここを抜かしてしまうと、その学びが豊かな実を結ぶことはあり得ないと言えるでしょう。

 ここで、質問です。
 あなたはお母さんが大好きですね。
 では、なぜお母さんが大好きなのですか?

 あなたはお父さんも大好きですね。
 では、なぜお父さんが大好きなのですか?

 好きだから好き、として考えたこともないことでしょう。
 しかし、この質問に答えが見つかると、神さまのことがわかり始めるのです
 そして、産土の神さまに心が向いていきます。
 
 「父と母と産土の神」は、あなたの人生を開く鍵です。

 「父と母と産土の神」をおろそかにして、どれほど素晴らしい神さまを拝んだところで、どれほど素晴らしい宗教を信仰したところで、それは砂上の楼閣とならざるを得ません。風が吹いたら、いっぺんに崩れてしまいます。

 ではこれから、「父と母と産土の神」と「あなた」の物語を、始めることにいたしましょう。手始めに、あなたがどうしてお母さんが大好きなのか、考えて見ることにいたしましょう。

昌原 容成


 「父と母と産土の神」が人生の基本の基本であること、腹の底までたたき込んでいただきたいものです。そして、両親への親孝行が、実は神道初めの一歩であることを知っていただきたいものです。
 それを親子で確認したいただきたいと願っております。
▼ 購入はアマゾンサイトで(下記をクリック!)
父と母と産土の神


Posted by akehara