産土百首

本田親徳「産土百首/05」
産土を 神とも知らず 祭らずて 棄て置く村は 獸なるかも
【読み】うぶすなを かみともしらず まつらずて すておくむらは けものなるかも
【大意】産土の神を知らずに祭ることもなく捨て置くよ ...

産土百首

本田親徳「産土百首/04」
 産土の 靈(みたま)の懸かる 此の身をし 佛の子ぞと 言ふは誰が子ぞ
 (うぶすなの みたまのかかる このみをし ほとけのこぞと いふはたがこぞ)
【大意】産土の霊力によって作られたこの ...

太陽の神道

 今、太陽の新時代、日本神道新生の流れに身をひたす為には、産土神のことを知る必要があります。そもそも人間は、産土神の力無くしてこの世に肉体を形成(誕生)することができないのです。人類は、せめて日本人は、産土神の存在を深く心に納めたいも ...

太陽の神道

 人間が理性によって神の存在を認識する。そのことを以て、人間理性の成人と受け止める。それは、新生日本神道の夜明けを表す一事といえるでしょう。日本神道の弥栄(いやさか)を、言祝ぎ奉る!

1. 人間理性成人祭とは1-1. トランスペ ...

産土百首

本田親徳「産土百首/01」
 産土に生れ出でつゝ 産土に 歸る此の身と 知らずやも人産土神は人間誕生の始めにお世話下さる神

 人間がこの世に肉体形成して生まれてくるためには、父親と母親の結びがどうしても必要です。
 とこ ...

あけはら筆録

人間は多種多様

 私は、これまでの人生で、色々な人と出会いました。
 この色々が、まあ、想像も付かないような広がりがありまして・・・。

 人だけではない、高貴なる神霊もいらっしゃれば、真に低劣なる憑依霊群もいる。