楽天日本一は、産土信仰の力

楽天イーグルスが、巨人を破ってプロ野球日本一となった(2013年11月3日)。
若い頃から、プロ野球には興味のなかった私だが、今年の日本シリーズだけは手に汗握る思いでテレビ観戦した。

あるプロ野球評論家は、巨人の4勝1敗と予想し、楽天が強豪巨人に1勝できればあっぱれだとも語っていた。
つまり、弱小チームの楽天がリーグ優勝したとはいえ、巨人を破って日本一を勝ち取るのは、力の差から言ってもあり得ないというのだ。

確かに力の差は歴然としてあったのだろう。最終戦で巨人を破った後の勝利監督インタビューで、星野仙一監督もそれを素直に認めていた。力では楽天は巨人に劣ると。

しかし、勝負は力の差だけでは決まらないから、面白い。
武道においても、普段の稽古ならいざしらず、真剣勝負となると、力量以上の要素が働いて勝負が決せられる。

今回の弱小楽天が強豪巨人を破って日本一を勝ち取ったのは、どういう要素によるものだろうか。
私は、それを産土信仰の力であると観る。



楽天の本拠地・仙台のみならず、全東北が一丸となって、大災害からの復興を目指して頑張っている。

その頑張りに載せて、東北人たちが東北の大地の雄叫びに共鳴り起こして、一切の力を振り絞って楽天を応援し、一切の力を振り絞って楽天選手たちがそれに応えた、その結果の日本一である。

これは、東北の大地の力の勝利である。
人々はそれを産土の力とは意識しない。
しかし、それはまさしく、産土信仰の力である。

楽天の勇士達を奮い立たせた東北の大地こそが、楽天日本一の根底にあるエネルギー源だ。

産土よ、国魂よ、大地の力振り起こせ!
東北の同胞たちよ、雄叫び挙げて国造りせよ!