稲蔵に水の柱が立ちオリオン星に結ぶ

2018年4月14日

生駒の稲蔵神社にて日垣宮主師の祭りに参加させて戴いた。

(2004年4月9日のこと。)

拝殿前に塩水を入れた桶を置き、その中に清水をいれたガラスコップを入れる。

祭事が始まると、その清水から天空に柱が立ち上り、オリオン星(水の神座)に結ぶ。

オリオン星から、地球全土の産土神座に一粒ずつの水滴が配られる。

その水滴の中には、ヤマト心の核心が籠められている。

地球全土の民族神が、其れを戴いて、真実おのおのの民族振りを発揮する。

稲蔵は、イザナギ・イザナミの創造神力を水に現す神座でもある。

そしてオリオン星には、膨大なる水が存在することが近年の天文学者の研究で判明している。


[myphp file=’ake_all_A’]


 日本語の奥に神が隠されていました。
 日本語を使う日本人は無意識のうちに神とつながります。
   ↓  ↓  ↓  ↓ 日本語の精髄アップダウン構造