産土神社の隆盛を言祝ぐ

平成二十二年、明けましておめでとうございます。

例年、大晦日は、除夜の鐘が鳴り始める前から越年祭を始め、年が変わる頃には新年を迎える祭りをお仕えしています。越年祭・新年祭を終えて、午前一時前に近所の産土神社へ初詣に出かけました。

私の産土様、竹渕神社は、この数年、見違えるばかりに神気が充実してきました。

氏子総代を始め、土地の人たちが産土様を大事にしてくださるおかげで、神域の整備が進み、拝殿や神庭が清浄に保たれ、参拝者も漸増しているようです。

宮司は常住せず、近くの菅原神社の宮司が重要祭事にはおいで下さいます。

一つの産土神社が、神界と正しくつながって神気を生々とこの世にもたらしてくださるためには、宮司はもちろんですが、それ以上に土地の人々がその産土神社を大事になさる必要があります。

その土地の人々のエネルギーを使って、産土神がお働きになるのです。

神様が、人間のエネルギーをお使いになるのです。

だから、人間は、神様に使っていただけるようなエネルギー体になることですね。