お年玉はこの一年の魂(タマ)

お年玉の由来をご存知ですか?

正月に注連(しめ)縄を飾って家で祭りをすると言いました(前日の記事参照)。

その祭りとは、大年(おおとし)の神様をお迎えする祭りです。

平成十八年の大年の神様が役目を終えて退陣なさいますと、代わって平成十九年の大年の神様が平成十九年の運命を携えてお生まれになります。

その大年の神様の神魂(みたま)を分けて戴くのが、大年魂(おおとしたま)、つまりお年玉です。

大年の神様から大年魂を戴いて、この一年を力強く生きて生きましょうというのが、お年玉に籠められた民族の心です。

そう考えると、お年玉は子どもだけではなく、大人だって戴きたいものですね。

その戴き方は? → 明日の日記




新年に読みたい記事
あけましておめでとうございます。 毎年、新年に交わす挨拶ですが、この「あけまして」に深い意味があったとは驚きです。それは、冬至に太陽が...
 格別に神祭りなど考えた事もない普通の日本人が、正月ともなれば大挙して初詣に出かけます。日本神道は、日本人の心の奥底に流れ続けている...
https://transpace.jp/kagami-biraki-uso-honto/
お年玉の由来をご存知ですか? 正月に注連(しめ)縄を飾って家で祭りをすると言いました(前日の記事参照)。 その祭りとは、大年(おおとし)の神...

気ゆる日記(神道・日本語・日本文化)

日本語の精髄アップダウン構造


スポンサーリンク

シェアする