昌原気ゆる日記

関西では桜の盛りは過ぎたが、まだまだ北の地方では、これからも花見が続く。
日本人ほど、桜の花にたいする想いが強い民族は、はかになかろうと思う。

花見とは、実は、大和心の鎮魂である。

【阪神競馬