神道-日本語-日本文化を学ぶトランスペース研究所

神道・日本文化は日本語アップダウン構造の産物

「みたま祀り」の記事一覧

神道・日本語・日本文化を学ぶトランスペース研究所

春の彼岸のみたま祀り(4)少名彦那大神と大穴牟遅大神

少名彦那(すくなひこな)大神と大穴牟遅(おほあなむち)大神の神座が、産土の神座には必ず備えられていると申しました。 大穴牟遅さまがあの世のミタマを支配なさいます。 それゆえ、大穴牟遅大神を、幽界(かくりよ)の司の神とお呼 […]
神道・日本語・日本文化を学ぶトランスペース研究所

春の彼岸のみたま祀り(3)ミタマを支配なさる大穴牟遅大神

昨日の日記で「産土神を呼びなさい」と記しました。 人間死後の行く先を示して下さるのは産土神と申し上げてよろしいのですが、そこの所をもう少し詳しく申しますと、   あの世のミタマ達を支配なさるのは大穴牟遅(おほあなむち)大 […]
神道・日本語・日本文化を学ぶトランスペース研究所

春の彼岸のみたま祀り(2) 産土神を呼びなさい

彼岸が近づくとあの世のミタマ達がいろいろと立ち騒ぐようになります。 自分の行く先を知らずに迷い、この世の人間にすがるというミタマもいます。 その中には、生前熱心にある教団を信仰していたのですが、いざ死んで見ると全然話が違 […]
神道・日本語・日本文化を学ぶトランスペース研究所

春の彼岸のみたま祀り(1)

昨日(3/17)は、春の彼岸の入りの日。 この日から七日間を彼岸といい、真ん中の日(今年は3/20)を彼岸の中日(ちゅうにち)という。 春の彼岸の中日が、春分の日であり、 秋の彼岸の中日が、秋分の日である。 彼岸とは、三 […]
神道・日本語・日本文化を学ぶトランスペース研究所

満月祭とみたま祀り

2004年4月5日の満月祭は房総半島の南端、布良崎(めらさき)の里でお仕えした。 また、満月の力を戴いて、参列者の先祖および有縁のミタマの祀りをお仕えした。 参列者の中に、まことに凄惨なる状態に置かれている多数の有縁のミ […]