昌原気ゆる日記, 神道を学ぶ

彼岸が近づくとあの世のミタマ達がいろいろと立ち騒ぐようになります。
自分の行く先を知らずに迷い、この世の人間にすがるというミタマもいます。
その中には、生前熱心にある教団を信仰していたのですが、いざ死んで見ると全然話が ...

昌原気ゆる日記, 神道を学ぶ

昨日(3/17)は、春の彼岸の入りの日。
この日から七日間を彼岸といい、真ん中の日(今年は3/20)を彼岸の中日(ちゅうにち)という。
春の彼岸の中日が、春分の日であり、
秋の彼岸の中日が、秋分の日である。 ...

昌原気ゆる日記

昨日(3/16)は、家内の妹が結婚を控えての、親族顔合わせの食事会があった。
明治の森の中、箕面の滝の手前にある音羽山荘という料理屋での会食であった。
床の間に産霊(むすび)の男神女神の図を飾り、1つの器に榊2本を立て ...

昌原気ゆる日記

月も知ってる おいらの・ ・ ・
歌謡曲には案外、日本人の心を何気なく表した歌詞が多い。
ご存知村田英雄の「王将」の一番。
  吹けば飛ぶような将棋の駒に 
  賭けた命を笑わば笑え 
  うま ...

昌原気ゆる日記

歌謡曲というのは、バカにできませんね。
普通の日本人の感覚の中に、キラリと光る真実が籠もるものです。
  星は何でも知っている
  ゆうべあの子が泣いたのも・・・
  (唄:平尾昌章、作詞:水島哲、作曲 ...

昌原気ゆる日記

人はそれぞれ自分の世界を持っている。
たとえ夫婦といえども、夫には夫の世界があり、妻には妻の世界がある。
これは夫婦仲の善し悪しに関わりはない。
親しい友人がいて、彼とは楽しく世間話が出来る。
しかし、 ...

昌原気ゆる日記

近所で家の建て替えをしている。
古い家の取り壊しから始まって、地均し、基礎工事、棟上げ、と順調にすすんでいるのだが、一向に神祀りをする気配がない。
地鎮祭、上棟祭、落成祭などの祭祀が完全に無視されている。こいう祭祀が、 ...

昌原気ゆる日記

昨日の日記に「血の球の響きが人格を形成している」と述べた。
父母の力(血の球の力) 昌原気ゆる日記

更に言うと、人間のチカラは「血から」響きでる。

体中を流れる血液、その血球には、肉体を支える力とともに ...

昌原気ゆる日記

ある家の火継(ほつぎ)祭りをお仕えした。
火継を受けるお嬢さんの実の母親に神主となって戴いた。
神祀りは筋道が通らないと成就しない。なかなかに難しい点もある。
今まで神祀りなど経験のない母親に果たして火継祭りの ...

昌原気ゆる日記

血球を作る神をクラオカミと申し上げ、血球を流す神をクラミツハと申し上げます。
この両神を火継祭りにお呼びするのはそういうわけです。
クラオカミは京都貴船神社に水の神として祀られていますが、その真相・深層は、玉造りの根元 ...