神道-日本語-日本文化を学ぶトランスペース研究所

神道・日本文化は日本語アップダウン構造の産物

「昌原気ゆる日記」の記事一覧

神道・日本語・日本文化を学ぶトランスペース研究所

濁りと穢れは異なるもの

濁りと穢れは異なるものです。 イザナギ — キ  見えない世界 イザナミ  — ミ  見える世界 ミの世界が見える世界であるということは、つまり、濁りが有るから見えるのです。 この世は濁りの世界で […]
神道・日本語・日本文化を学ぶトランスペース研究所

遊びをせんとや生まれけむ

遊びをせんとや生(う)まれけむ 戯(たわぶ)れせんとや生(む)まれけん 遊ぶ子どもの声聞けば 我が身さへこそ揺がるれ (『梁塵秘抄』) 昔は、正月ともなると、我が家の前の通りで、子ども達が元気良く遊び回っていたものですが […]
神道・日本語・日本文化を学ぶトランスペース研究所

産土神社の隆盛を言祝ぐ

平成二十二年、明けましておめでとうございます。 例年、大晦日は、除夜の鐘が鳴り始める前から越年祭を始め、年が変わる頃には新年を迎える祭りをお仕えしています。越年祭・新年祭を終えて、午前一時前に近所の産土神社へ初詣に出かけ […]
神道・日本語・日本文化を学ぶトランスペース研究所

幼子が神様お願いします・・・と

若い母親からメールを戴いた。 彼女が神棚や床の間を掃除していると、3歳の幼子がやって来て、自分も手伝いたいと言った。 幼子はぞうきんで床の間を拭きながら、なにやら神様お願いします、とむにょむにょ言っていた。 何をお願いし […]
神道・日本語・日本文化を学ぶトランスペース研究所

琴は文人のたしなみであった

明日は、久しぶりに琴の先生が来宅され、みっちりと稽古を付けて戴く予定です。 琴の稽古というと、今では女性たちの習い事のように思われています。 しかし、昔から、琴は男たちの、とりわけ風流を解する文人たちのたしなみでありまし […]
神道・日本語・日本文化を学ぶトランスペース研究所

昔の日本人の知的レベル(西郷隆盛)

明治維新の志士、西郷隆盛が、一時期、沖永良部島へ流罪になっていたことがあった。志を遂げられないということは、志士にとってとてもつらいことであったと思う。 広さ4畳半の牢屋の中で、彼は読書に励み、漢詩と書道に打ち込んだとい […]
神道・日本語・日本文化を学ぶトランスペース研究所

琴の稽古を始める

琴と謡いのお師匠さんに勧められて、琴の稽古をすることになった。 先ずは、幅90cmほどの短琴にて弾奏の稽古をする。 安価な練習用の短琴ではあるが、CDの音色とは違って、生の音にはそれだけの安らぎをもたらす響きがある。 源 […]
神道・日本語・日本文化を学ぶトランスペース研究所

大音は希声なり(無声の祝詞)

大音は希声なり (老子道徳経・第41章) 真実の大音は、かえって耳には聞こえないほどの微(かす)かな音(希声)である、と老子は云う。 未明に神前に端座して、音吐朗々と祝詞を奏上する。 その時に、無声の祝詞を奏上することが […]
神道・日本語・日本文化を学ぶトランスペース研究所

遠くの神社より産土神社を

店舗開業を控えた人が、事業の繁栄を祈って神社参拝を思い立ちました。 何か事があると人間は神様を想うようで、自分の店を開業ということになった人も、何やら神参りをしたくなったと見えます。 そこで彼は、遠くの有名神社へ参拝しよ […]