神道-日本語-日本文化を学ぶトランスペース研究所

神道・日本文化は日本語アップダウン構造の産物

「昌原気ゆる日記」の記事一覧

神道・日本語・日本文化を学ぶトランスペース研究所

膝は霊座(ヒザ)

祝詞を奏上したり、鎮魂して呼吸法を行じたるする際に、両手を合わせて合掌することもあり、両手を左右の膝に置くこともある。 毎朝の朝拝祝詞で、大國魂の神を及び申し上げる際には、両手を左右の膝頭に置く。 大國魂の神は、男神女神 […]
神道・日本語・日本文化を学ぶトランスペース研究所

唾液は神液

ここしばらく、朝昼晩と一日3回、鎮魂を修している。 祝詞を唱えて、呼吸をする。ただそれだけのことであるが、身体の調子が整えられてすこぶる快調である。 夏バテという言葉は、我が家とは無関係である。 ご飯をいただくと、戴いた […]
神道・日本語・日本文化を学ぶトランスペース研究所

伊勢志摩には山桜が多い?

昌原筆録【29】山桜を愛でる(ソメイヨシノ全盛の陰で)を書いたところ、ヤマザクラ(山桜)の写真を提供していただいた管井啓之氏からメールをいただいた。氏がこの春、伊勢志摩をドライブした際に、ソメイヨシノではなくヤマザクラ( […]

道着・衣服の力と倭文(しずり)の神

武道修練で道着に着替える。この道着に道着の力がある。 路上での合氣等の稽古には、この道着の力に随分とお世話になっている。 路上で合気道の稽古をする際には、通行人や通行車に気を配ることは勿論である。 例えば、杖の6動作を1 […]
神道・日本語・日本文化を学ぶトランスペース研究所

琴の稽古と日本人の和の心

琴を始め邦楽の合奏は、西洋オーケストラの合奏とは根本的に違う点がある。 日本人の和の心は、こういう点にも日本的あり方を現すものである。 合わせ稽古はむずかしい 今日は難波で琴の稽古をみっちりと付けていただいた。私が琴を学 […]
合気道稽古・太田正人師範

サイト改造と合気道の訓え(故障は動きながら直す)

私の学生時代は、合気道一色に染め上げられていた。稽古が好きで、稽古が好きで、よくよく一人稽古をしたものだ。 (左は、先輩・太田正人師範との稽古風景) 私が指導を受けていたのは、故・小林裕和師範である。小林裕和師範から、た […]
神道・日本語・日本文化を学ぶトランスペース研究所

TOEIC初級の講師を務めます

春から友人の語学学校(大阪市平野区)に依頼されて、「TOEIC初級コース」(3ヶ月)の講師を務めることになりました。 私は、翻訳生活40年を越えるのですが、もっぱら英文を書く仕事をしてきました。 TOEICとなると、リー […]
神道・日本語・日本文化を学ぶトランスペース研究所

今日は人日(じんじつ)、七草粥

今日は1月7日。五節句の一つで、人日(じんじつ)といい、七草粥を食する日であります。 我が家では、前日の6日からストーブに鍋を掛け、神祭りのお供えの五穀をいれて、ぐつぐつと炊いておきます。7日の朝に、七草を刻んで鍋に入れ […]