神様は生のコメを食べるの?

米、塩、水を供えて神祭りをする。幼い子がそれをみて言った。

神様は生のお米を食べるの?

お供えの素饌(そせん、米塩水酒)や五穀は神様がお食べになるのではない。

米の力、塩の力、水の力を使うのである。

一粒の米には大地の力、水の力、日の力、月の力、星の力が凝縮されている。

その力を使って祭りをするために、素饌をお供えするのである。

その他のお供えをミケツという。

ミケツも同様に、海のものを供えて海の力を祭りに用い、山のものを供えて山の力を祭りに用いる。

そのためのお供えである。

したがって、重要祭事にあたっては、祭りの力を大きく発揮するためにも、豊かなミケツをお供えするのがよい。神様がお食べになるというのではなく、ミケツに籠められた力をお使いになるのである。



神道は、日本人の大らかな心の道です。神道を学んでみたいとお考えになりましたなら、下記の書物をお読み下さい。神道を学ぶ初めの第一歩は、「父と母と産土の神」です。 これをすっ飛ばして神道を追い求めても、実りは得られません。
日本神道の初めの一歩は父と母と産土神
親子で学ぶ神道読本(一)父と母と産土の神
(小学生でも読めるようにルビを振り、やさしく解説。)


気ゆる日記(神道・日本語・日本文化)

日本語の精髄アップダウン構造




スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加