【友の会通信】2014-03-14 山の辺の道をナンバ歩きする会

桜の頃に、弁当さげて「山の辺の道」をナンバ歩きしませんか。

 日本最古の道と云われる山辺の道は、石上神宮から大神神社までのおよそ16kmの道ですが、
今回はその南半分、JR柳本駅から大神神社までのおよそ8km程をゆっくりと歩きます。
 ナンバ歩きは、明治以来の西洋流体育が導入される以前の日本人の身のこなし方。
 合気道を2時間稽古すると、2時間通してナンバの動きになります。

 桜の花を愛でながら、山の辺の道をナンバ歩きする・・・いいですね。
 途中で弁当をいただきましょう。

 コース中の檜原神社は、トランスペース研究所創立祭をお仕えした思い出の神社です。
 智惠の神様・クエビコさまを祭る久延彦神社では格別の神事を予定しております。
 クエビコさまのお札をお求めになれば、祭事で神気を籠めてさしあげましょう。
 参加希望者は、このメールに返信する形で申し出て下さい。(締め切り4/1)

======================
●山の辺の道をナンバ歩きする会
・主催:トランスペース研究所
・集合日時:平成26年4月5日(土)午前10時35分
・集合場所:JR柳本駅
(JR大阪 8:57発 – 柳本着 10:33 の電車あり。私もこれに合流します。)
 時刻表は下記参照。
 https://transpace.jp/140405/

・参拝箇所:崇神天皇陵、檜原神社、狭井神社、大神神社、久延彦神社
・解散:JR三輪駅 午後3時ごろ(歩いてみないと分かりません)
・地図は下記参照。
 http://kanko-tenri.jp/hiking_course/yamanobe_minami.html
 http://yamabe-hotel.sakura.ne.jp/page008.html#kanaya 
・昌原ミニ講演(三輪は水の神座)があるかも?
 (当日の流れによりけりです。)
・参加費:無料。弁当飲み物、シーツ等を持参してください。
・参加申込:4/1(火)締め切り。本メールに返信する形で申込を済ませて下さい。会員の家族の方も歓迎。ただし氏名を事前に届けて下さい。
======================

 下記の記事をお読みで無い方は、事前に読んでおいて下さい。

▼「観光」の原義と「おもてなし」の心
 https://transpace.jp/kanko/
 今回の行事は、物見遊山の様で実は神修になってしまいます。正に「観光」そのもの。

▼真剣勝負には、一眼二足三胆四力
 https://transpace.jp/ichigan/
 三胆四力よりも、二足つまり足が大事。足を鍛えなきゃ。老化は脚力の衰えから。

▼筆録(4) ナンバ(なんば)歩きの勧め
 https://transpace.jp/namba-aruki-susume/
▼筆録(5) ナンバ歩きの日常稽古法
 https://transpace.jp/namba-aruki-keikoho/
 全行程をナンバ歩きで、とは申しませんが、せめて一部でもナンバ歩きをしてみましょう。


 会員諸兄姉と語り合えるのを楽しみにしております。振るってご参加を。