【友の会通信】2013-10-27 お百度よりも清掃奉仕を / 「日本語は神である」を産土さまに

 10月も最後の週となりました。あれほど暑かった夏がどこへやら。朝夕は猛暑さんが懐かしく思え
ます。
 今回は産土さまで清掃奉仕をいたしましょうということについて。そこに実はまことに深い、しかも有難い、仕組みが隠されているのです。その「秘密」を、エーイ、明かしてしまいましょう。

 本日の内容は下記の通りです。
_____________________

1.お百度参りよりも清掃奉仕を
2.『日本語は神である』を産土さまに贈呈を
_____________________



1.お百度参りよりも清掃奉仕を



 前回の【友の会通信】2013-10-19では、楯原神社で清掃奉仕をさせて戴いたと記しました。
 この清掃奉仕を皆様にも強くお勧めいたします。

 お陰を下さい、助けて下さい、と神様にすがるというのは、本来の神祀りの道ではありません。
 その幼い人間心につけ込んで、私の所へいらっしゃい、あなたの悩みを解決してあげます、私に頼りなさい、私が解決してあげます、と「お客」を引き込むような「おすがり宗教」「ありがた宗教」は、太陽の新時代の人間の生き方ではありません。そのような宗教は一切消えてもらいたい!

 トランスペースの友の会に入れば何かお陰が・・。そんなものはありません。それを望むなら、さっさ
と退会なさいませ。

 とはいえ・・・、
 この世で生きる折々に、様々な問題に立ち向かわねばならない、その時に、全く頼る存在がないわけではありません。頼る事が許される存在があるのです。
 それが、父と母と産土の神さまです。

 子どもが熱を出した、どうか治って欲しい・・・。
 生涯の伴侶を得て人としての道を歩みたい・・・。
 天職を得て、人生の基盤を固めたい・・・。

 これらは人間として真っ当なるお願いであります。
 それを産土さまにお願いすることは神許されます。

 そこで「お百度参り」となる。
 「お百度参り」とは、神社の入り口から拝殿までの間を百度行き来して百度参拝するという作法です。
 神社によっては、「百度石」などを建てて、その石と拝殿の間を行き来することもあります。

 このお百度参りが結構「効く」のです。
 何故効くのかと申しますと、神庭を行ったり来たりと百度も繰り返すうちに、足の裏から神気が体内に充填され、己自身の内部の力が増強され、その増強された己自身の内部の力によって、願いの筋が成就されていくのです。
 結局は己自身の力ですね。
 とはいえ、産土の神気によって己自身の力が増強されることは有難い事です。

 ところが、このお百度参りよりももっと効き目がある作法がありまして、それが清掃奉仕であります。

 神庭に落ち葉が積もったり、草がぼうぼうと生えていたり、という状態では神霊方のはたらきが阻害さ
れます。神庭は常に清らかに保たねばなりません。

 願いの筋があれば神前で申し上げるがよろしいでしょう。
 その後で社務所で清掃奉仕を申し出て、神庭を掃き清めるのです。足の裏から神気が・・・などは忘れ
て、無心になって掃き清めるのがよろしい。
 終わって、ありがとうございましたと感謝申し上げて退出なさいませ。
 それが、あなたの人生を充実させていくあなた自身の力を増強させていくのです。

 花子(仮名)さん、太郎(仮名)君、■■が欲しいというのは、まことにもって真っ当なる願い。
 清掃奉仕をなさいませ!



2.『日本語は神である』を産土さまに贈呈を



 『日本語は神である』の紙書籍(POD版)版が10/10に発刊されて以来、多くの方々にご購入戴いている
ようで有難く存じます。

 POD書籍のベストセラーランキングでは、5位から20位あたりを行ったり来たりしています。
 ところが、「一番ギフトとして贈られている商品」のランキングでは、目下の所、ずーっと1位を維持しています。
⇒ 「一番ギフトとして贈られている商品」
 http://www.amazon.co.jp/gp/most-gifted/books/2229003051/
  
 つまり、この本をギフトとして贈る人がとても多いようです。

 なるほど、この本をお読みになった人は、それをお友達にも知らせたくなるのですね。
 そのお気持ちはよく分かります。

 そこで皆様にお願いです。

 お友達に差し上げるのも結構ですが、抜かしてならないのは、あなたの土地の産土さまでしょう。
 産土神社の宮司様にこの本を差し上げて戴けませんか。書名が書名だけに、宮司さまであれば必ず読んで戴けます。「本棚のこやし」にはなりません。そして、読めば必ずお喜び戴けるに違い有りません。
 この本はギフトには最適の書籍と言えるのではありませんか。

 ついでに清掃奉仕もなさると、なお結構かと。
 産土神の神威が高まるのも廃(すた)れるのも、産子の生き方次第です。

 アップダウン構造(=神ながらの道)を日本人の新常識としたいと願っております。
 どうか日本語と日本人の真実を、日本人に知らしめて下さるようお願いいたします。
 その祈りを、産土様とご一緒になさって戴きたいと希っております。

 どうぞよろしくお願いいたします。

合掌の中に虚空界が現れる
『日本語は神である』がベストセラー10位に