【友の会通信】2013-09-19追伸: 祝詞の読み方

 先ほどの 【友の会通信】で祝詞を紹介しましたが、
 初めて祝詞に接する方は、読み方がお分かりでないことでしょう。
 そこで、祝詞の読み方のみ追記いたします。
 括弧()内が、その前の漢字の読み方です。

 秋をもたらしの大神(おおみかみ)とみたたえまつる
 大穴牟遅(おおなむち)大神(おおみかみ)、
 国魂(くにたま)大神(おおみかみ)、産土(うぶすな)大神(おおみかみ)、
 秋のみたま祭りを司(つかさど)る大神(おおみかみ)たち、
 ○○家(これは、清水さんなら、清水家・しみずけ) 
 遠(とお)つ御祖(みおや) 代々(よよ)の祖(おや)たち、
 いやさらに●●家(奥さんの実家)
 遠(とお)つ御祖(みおや) 代々(よよ)の祖(おや)たちに、
 大御蔭(おおみかげ) 神賜(かむた)びませ

 これでよろしいでしょう。
 なお、祝詞奏上は、一音一音をしっかりとゆっくりと発音なさってください。
 アキヲモタラシノ・・・、とさらっと朗読するのではなく、
 アーキーヲーモーターラーシーノーーー としっかりと一音一音を出すのです。
 ご健闘を祈りあげます。